Blue Pearl SoftwareVisual Verification Suite

「Visual Verification Suite」は信頼性の高いRTL開発を可能にする総合検証ツールです。
パッケージにはAnalyze RTL™(リント)、Clock Domain Crossing analysis(クロック解析)、Automatic SDC Generation(SDC生成補助機能)を備えており、各ユーザ独自で持つコーディング規則や、「STARC」、「DO-254」などの業界検証基準に沿ったチェックも同時に行うことが可能です。LinuxとWindows両方に対応しており、GUI操作で早く簡単にデバッグが行えます。

Blue Pearl SoftwareのVisual Verification Suite一覧

基本製品

Advanced Clock Environment (ACE)

Advanced Clock Environment (ACE)はユーザーがClock Domain Crossing (CDC)のメタスタビリティ(準安定状態)を防ぐための分析をサポートする目的でRTL設計上の同期/非同期クロックやドメインの関係を可視化します。

Analyze RTL™

「Analyze RTL™」はEDAの従来の手法を改善し、より使いやすく、高性能で、検索と修正速度を高めたことにより大容量の設計検査・解決を提供する優れたLintツールによる詳しい分析と公式検証を兼ね備えています。

オプション

Automatic SDC Generation

Automatic SDC Generationは自動でフォルスパスやマルチサイクルパスを検出したものに基づいて、後工程で使用する制約(SDC)ファイルのテンプレートを生成し、タイミング制約にかける労力と時間の削減に役立ちます。

Clock Domain Crossing (CDC)

Clock Domain Crossing Analysisは、クロックドメインクロッシング (CDC) 問題に対する解析とデバッグの機能を備えています。

Management Dashboard

Management Dashboardは、実行ごとにメッセージ、クロックドメインクロッシング、ウェイバーの監視と記録を行い、RTL検証過程をリアルタイムで視覚的に確認できます。

Blue Pearl Softwareの取り扱い製品カテゴリ

Blue Pearl Software社の「Visual Verification Suite」は信頼性の高いRTL開発を可能にする総合的な検証ツール。 ASIC、FPGAおよびIP RTLの開発者向けツールであり、セットには「Analyze RTL™(ACEを含む)」、「Clock Domain Crossing analysis (CDC)」、「Automatic Synopsys Design Constraints (SDC) Generation」を備えています。

Blue Pearl SoftwareのVisual Verification Suite
に関するお問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00