高性能インテル® Arria® SoC-FPGA搭載による高い処理能力と自由な回路構成を両立

IoTフォグコンピューティングゲートウェイ

富士ソフト社製

IoTを革新させる
FPGA搭載 IoTフォグコンピューティングゲートウェイ

IoT時代では様々な組み込み機器がインターネットに繋がり、その膨大なセンサーデータがクラウドに蓄積され続けています。重要になってくるのは、その膨大なデータから有意義な情報を導き出し、効果的に活用することです。
FPGA搭載 IoTフォグコンピューティングゲートウェイは、既存システムはそのまま変更・改変することなく、ネットワーク上に後付するだけで、新しい機能検証や組み込みAIの導入検証などの評価環境を簡単に構築可能です。また従来クラウドで行っていたミッションクリティカルなデータ処理の一部を高速FPGAを使ったフォグコンピューティング上で分担処理することで、ミッションクリティカルなタスクに対して応答性能を確保しながら、同時に通信コストやクラウド上のストレージコストやサーバコストを大幅に抑制することも可能です。
当社のFPGA搭載 IoTフォグコンピューティングゲートウェイは、システムプロセスの改善(短縮)、故障検知、サービス品質の向上にも役立つ組み込み総合ソリューションです。

既存システムの見える化を実現

各種センサーデータを収集・分析することでシステムの状態をデータ群として捉え、隠れていた問題点や、全体のバランス、効率などを客観的に数値化できます。

予測型メンテナンスによる稼働時間の向上

現状のシステムの消耗度合や異常状態の予兆を予測することで最適なタイミングで計画的なメンテナンスを行うことにより稼働時間の最大化に貢献します。

組み込みAIによるサービスレベルの担保と機能拡張

性能評価したAIを使うことで、用途に応じたサービスレベルが設定でき、そのAIをアップデートすることで機能自体も拡張することができます。

機器統合によるTCO削減

分散していた複数の機材を機能統合し、FPGAに再構築することで、最適な構成と最小の規模でTCO削減に貢献します。

システム効率化による光熱費や人件費の削減

フォグコンピューティングゲートウェイによるシステムの見える化やAI管理を行うことで、無駄なプロセスの排除や電力制御を行い、運用の効率化を追求します。また、AIによる作業管理プロセスにより、人的リソースの集約が可能です。

FPGA搭載
IoTフォグコンピューティングゲートウェイの特長

インテル® (旧アルテラ)のFPGA(Arria® 10)を搭載しているため、高い性能でデータ処理をコストを抑えて行うことができます。また、miniPCIeとUSB2.0による高い拡張性を実現いたしました。

高性能FPGA(Arria® 10)搭載のBOXタイプ

FPGA(Arria® 10)

FFT演算やデジタルフィルタ、機械学習に必要なベクトル演算をFPGAへオフロードすることで設備や運用コストを抑制させることができます。
またインテル® (旧アルテラ)の高性能FPGA(Arria® 10 )を搭載しており、機械学習等のAI化へのニーズに対応することも可能となっています。

miniPCIeとUSB2.0による高い拡張性

miniPCIeとUSB2.0

組み込みIoTの世界では様々なインターフェースが使われています。それらすべての対応を実装することは現実的に不可能ですが、インターフェース部をminiPCIeのカード上に構成することで、自由にインターフェースをカスタマイズできます。また、USBホストを4本備えているので、市販のUSBインターフェースの通信デバイスを組み込むことも可能。

フォグコンピューティング機能

クラウドまでのネットワーク上にFPGA搭載 IoTフォグコンピューティングゲートウェイを置くことで、クラウドで行っていたデータ処理の一部をそこで分散処理することができます。
ご利用者様のニーズに合わせてデータを取捨選択や計算処理し、データを軽量化させることができるので、通信コストやサーバーコストを抑えることができます。また、フォグコンピューティング内で処理を簡潔できれば、低いレーテンシーでエッジ側にフィードバックすることも可能です。

クラウドで行うデータ処理の一部を、事前にフォグ領域で分散処理

  1. Intel、インテル、Pentium、Intel Core、Celeronは、米国インテル社の登録商標または商標です。
  2. ARM、CortexはEU およびその他の国での ARM の登録商標および商標です。
  3. インテル、インテル Atom、Xeon、およびインテルのロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。
  4. ALTERA、ARRIA、CYCLONE、ENPIRION、MAX、MEGACORE、NIOS、QUARTUS、STRATIXの製品名ならびにロゴは、アルテラ(インテル プログラマブル・ソリューション事業本部) の米国およびその他の国における登録商標です。商標またはサービス・マークとして記載されている製品名ならびにロゴはすべて、Legal Noticeに記載されているとおり、各所有企業に帰属します。
  5. その他、記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

富士ソフトのIoTフォグコンピューティングゲートウェイ
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00