APX-5200A

APX-5200A

概要・特長

  • 12bit/1Gspsサンプリングの高速ADCを使用
  • ±0.5Vのシングルエンド入力を2ch
  • 2ch同期サンプリング
  • 2GSps、12bit、1ch のインターリーブモード高速サンプリングに対応
  • 2chアナログ出力機能(PCメモリ使用で任意のポイント数)搭載
  • 外部トリガ入力・外部クロック入力を各1ch
  • 汎用DI・DO を各4ch
  • FIFO Memory としてDDR3-SDRAM(8GByte)を搭載
  • FPGA処理のカスタマイズに対応(受託にて対応)
  • PCI Express 2.0 (Gen2) 5.0GT/s ×8 対応

ブロック図

仕様

型名APX-5200A
入力チャネルシングルエンド2ch(インターリーブ時:シングルエンド1ch)
分解能 12bit
サンプリングクロック 周波数範囲:150Msps〜1Gsps(インターリーブ時:2GSps)
周波数分解能:個別(※1,※2)
サンプリングタイム1ns(min)(インターリーブ時:0.5ns(min))
サンプリング数2Gワード/2ch、4Gワード/1ch
入力レンジ±0.5V
入力インピーダンス50Ω
アナログ帯域500MHz(ー3dB)
入力コネクタSMAコネクタ
トリガ外部トリガ/アナログトリガ/ソフトトリガ
外部クロック入力(PPL使用時):5MHz〜100MHz
入力(ダイレクト入力):500MHz〜1000MHz
外部トリガ入力:LVTTLエッジ検出(反転可)
SNR59.41dB
SINAD59.17dB
ENOB9.53bit
SFDR72.18dB
メモリDDR3-SDRAM(8Gバイト)
FPGA5SGXMA3K1F40C2N (ALTERA社製)
トリガ種類:内部トリガ(アナログトリガ)、外部トリガ、ソフトトリガ
アナログトリガ:エッジ・パルス
トリガポジション:プリ・ポスト・ディレイ
汎用AO出力数:2ch
分解能:16bit
出力レンジ:-4V~+4V
システムbusPCI Express2.0(Gen2)5.0GT/s×8
電源+12V±9%、+3.3V±8%
動作環境温度 0~50℃、湿度 35%~85%(無結露)
寸法212.5mm×111.15mm 、パネル幅20mm(突起物含まず)
重量
対応OSWindows7/8/10 各32bit/64bitに対応
ソフトウェア開発キットWindows:AWP-ADCSDK2-01
Linux:ALP-5200-01
評価ツールAWP-ADCTOOL-01
LabView VIサンプルAWP-ADCLV-01
環境対応RoHS

※1:ボードに搭載した25MHzの基本クロックとしています。※2:設定可能なサンプリングレートには制約があります。

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

AVAL DATAのAPX-5200A
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00