ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Automotive VIP Portfolio

Automotive VIP Portfolio

概要・特長

現在の先進的な「車載」と将来の「コネクテッドカー」の広範囲なソリューションを実現するために、今日のオートモーティブ電子システムは複数のネットワークプロトコルを利用することが不可欠です。オートモーティブイーサネットとMIPI規格は、車両を通してすべてのシステムをつなぐための共有のバックボーンとなっています。
Avery Design Systems社のAutomotive VIP Portfolioは、すべてのメジャーなネットワークとMIPIとメモリ規格をカバーしているSystemVerilog/UVMモデル、プロトコル・チェッカーとend2endベリフィケーションのためにユニットレベルの、ならびにSoCレベルのマルチプロトコルテストベンチをサポートしている適合テストスイートのすべてをインプリメントしております。付属の「最高クラスの」デザインとベリフィケーションソリューションを提供するために、Avery Design Systems社はキーとなるIP会社、業界のリーダーともパートナー提携をしています。

機能

  • CSI-XactorとDSI-Xactor
    MIPIのCSI-2、DSI-2、C-PHY、D-PHYをサポート
  • CAN-Xactor
    ISOやレガシーCANのスペックを含む、CAN2.0とCAN FD規格のための包括的なベリフィケーションIP
  • LIN-Xactor
    LIN規格のための包括的なベリフィケーションIP
  • FlexRay-Xactor
    FlexRay 2.1A/3.0、ISO 17458-1から-5を含むFlexRay規格をサポート
  • SD-Xactor
    SoCやIPの設計者が、包括的なベリフィケーションとプロトコル・タイミングのコンプライアンスを実施するためのSDIO4.0とUHS-IIのためのポートフォリオ
  • I2C-Xactor
    CSI-2のようなペリフェラルのコンフィグレーションやブートに使用されるI2Cのためのポートフォリオ
  • Ethenet-Xactor
    IEEE1722A:E-AVB for CAN、LIN、FlexRayのトランスポートストリームや、802.1AS/Qav/Qat、802.3u:100Base-TX、802.1BA、802.3azを含むオートモーティブEthernetをサポートするポートフォリオで、パートナーのRianta Solutionsが開発

Automotive VIP Portfolio

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

Avery Design SystemsのAutomotive VIP Portfolio
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00