L1 offload engine

L1 offload engine

概要・特長

Comcores社のL1 offload engineは、イーサネットベースのフロントホールの帯域幅の負荷を分散するL1オフロードスキームを実装するためのIPコアで、Ethernet RoE mapper/de-mapperへ容易に接続できるように作られております。柔軟なインタフェースを持つため、お客様のベースバンド側の実装を束縛することがありません。

仕様

  • LTEリソースマッパー、CPインサーション/リムーブ
  • FFT、アクティブサブキャリアリアエクストラクション、PRACH検出
  • 1チャネルあたり20 MHz、キャリアアグレゲーション (オプション)
  • 低Error Vector Magnitude (EVM)

製品構成

対応デバイス、対応OS

  • FPGA
  • ASIC/SoC

ロジックリソース

お問い合わせください。

提供物

  • 暗号化済RTLコード
  • ユーザーズマニュアル
  • テスト環境、テストレポート

ライセンス形態

シングル・プロダクト・ライセンス

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

COMCORESのL1 offload engine
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00