Advanced Clock Environment (ACE)

Advanced Clock Environment (ACE)

概要・特徴

Advanced Clock Environment (ACE)はユーザーがClock Domain Crossing (CDC)のメタスタビリティ(準安定状態)を防ぐための分析をサポートする目的でRTL設計上の同期/非同期クロックやドメインの関係を可視化します。
「ACE」はCDC分析の前に使うことで、これまで設計者を悩ませてきた、検出困難なCDCの問題を解決します。
「ACE」を用いることで設計者は意図していない領域にあるクロックを的確に見つけることができ、CDC分析の前に修正することができます。

※ACEは機能の一部であり、オプション製品ではございません。

機能

  • RTL設計のクロックおよび非同期CDCを図式化
  • 適切なクロックドメイングループを推奨
  • クロック制約に使用するSDCテンプレートを生成

紹介動画

優位性

適切なクロックドメインのセットアップ無しでのCDC解析は信用できないため、 設計者はクロックやクロックドメイン決定を逐次行うので、CDC解析を繰り返し行う必要があります。
ACEを使用することで、適切にクロックをクロックドメインにグループ分けしてメタスタビリティを発見することができるため、 設計および検証技術者は、CDC解析を行う以前に クロックドメインが適切に明示されているかを確認できます。
用し、問題点を設計段階の早期に発見することで、設計サイクルを大幅に削減することができます。

仕様対応言語

Verilog
VHDL
Systemverilog
Mixed languages

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

Blue Pearl SoftwareのAdvanced Clock Environment (ACE)
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00