Automatic SDC Generation

Automatic SDC Generation

概要・特徴

Automatic SDC Generationは自動でフォルスパスやマルチサイクルパスを検出したものに基づいて、後工程で使用する制約(SDC)ファイルのテンプレートを生成し、タイミング制約にかける労力と時間の削減に役立ちます。

※オプション製品のため、単体では販売しておりません。

機能

  • フォルスパス、マルチサイクルパスの検出
  • SDCファイルのテンプレートを様々なツールの仕様に合わせて出力
  • SDCファイルの記述内容を比較
  • アサーション・ベース検証で使用するテンプレートを出力

優位性

1つの設計には、インプリメンテーションツールが効率的に使用できる数以上のフォルスパスが含まれています。
タイミング例外制約条件として入力されると、インプリメンテーションツールがメモリーや実行時間を過剰に使用したり、一定数を超えた制約条件を無視したりすることが少なくありません。
Blue Pearl Software社のソリューションには、VivadoとQuartusからクリティカルパスタイミングレポートを読み込んで選ばれた設計エリアを特定し、最もクリティカルなフォルスパス制約条件のみを生成します。


仕様対応言語

Verilog
VHDL
Systemverilog
Mixed languages

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

Blue Pearl SoftwareのAutomatic SDC Generation
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00