ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Clock Domain Crossing (CDC)

Clock Domain Crossing (CDC)

概要・特徴

Clock Domain Crossing Analysisは、クロックドメインクロッシング (CDC) 問題に対する解析とデバッグの機能を備えています。本ソリューションは、CDC解析、繰り返し起こり得るCDCセットアップ問題を解決するAdvanced Clock Environment (ACE)、デバッグツール一式がすべてパッケージになっています。

※オプション製品のため、単体では販売しておりません。

機能

  • GUIまたはバッチモードからCDCを解析
  • さまざまなシナリオを用いて簡単にCDC解析を実行
  • クロックとドメインが定義済みの既知の入力からリードする完全なTclパーサ
  • クロック間の同期問題を特定

優位性

本機能は不適切なシンクロナイザやクロックドメイングループを発見することによりメタスタビリティを低減します。 その他の特徴として、
  • IPブロックモデリング機能を使用して複雑度を低減し、モデル可用性の欠如を吸収
  • CDC同期タイプを識別し、 CDC同期の理解とデバッグのためのレポートと回路図を出力
  • クロックとFPGAクロックジェネレータの特定によりセットアップが簡単

仕様対応言語

Verilog
VHDL
Systemverilog
Mixed languages

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

Blue Pearl SoftwareのClock Domain Crossing (CDC)
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00