MIPIインターフェースを活用した高速データ転送システム

産業機器
Aurora, HDMI, MIPI
XILINX

MIPIインターフェースを活用した高速データ転送システム。
ザイリンクスFPGAのマルチギガビット トランシーバー Auroraを
利用することでFULL HD画像データの高速転送を実現しました。

ソリューション

MIPIインタフェースでカメラから入力されたFull HD(1980×1080)/120fpのイメージデータをトランシーバ(Aurora8B/10B)により高速でデータ転送を行い、ディスプレイへ表示を行います。各FPGAに対しての設定は、ソフトCPUのMicro Blazeから制御をしています。

技術要素

MIPI CSI-2(データ 4レーン/クロック 1レーン)
Aurora インターフェース 8B10B(3.75Gbps)
DDR3メモリコントローラ
HDMIインターフェース
Display出力(SERDES)
データコンバート(Raw to RGB)

システム概要

開発担当範囲

レイヤー 開発範囲
ソフトウェア
FPGA
基板(ボード)

関連製品・サービス

画像技研

詳細はこちら

NORTHWEST LOGIC

詳細はこちら

Blue Pearl Software

詳細はこちら

HiTech Global

詳細はこちら

本プロジェクトの予算イメージ、ソリューションの詳細について
お知りになりたい方はお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00