KUMICO

  • NVMe bridge platform – IntelliProp

    IntelliProp社のNVMe to NVMeブリッジIPコアは、NVMe Host IPコアとNVMe Target IPコアを利用してNVMeプロトコルブリッジを作成するIPコアです。独自のカスタムRTLやファームウェアをブリッジに実装することができます。このビデオでは、NVMeブリッジプラットフォームの概要について説明しています。

  • 【BlackBerry QNX】Functional Safety Roundtable Recording EW 2021

    Embedded World 2021にて、BlackBerry社エンジニアは組込み開発での機能安全について、事例を交えてご紹介しています。

  • カメラのデータ量を半減させ品質管理のコストを抑制する映像データ削減ソリューション

    データ蓄積コスト削減につながる新しい映像データ削減技術を、NVIDIA Jetsonによる高速画像処理で実現しています。実際に監視カメラで撮影中の動画を、その場でリアルタイムにデータ削減されている様子を撮影したデモ動画です。後半は様々な条件の動画をデータ削減した際の比較動画になっています。

  • 従来のECCより8倍以上高速なVeridify社セキュリティ製品のデモ

    i.MX6ULLに、Walnut DSAと従来のECCをそれぞれ実装し、処理速度を比較するデモで、WalnutDSAはECCより8倍以上高速である結果となりました。WalnutDSAは既知の量子コンピュータによる攻撃にも耐えうるため、将来を見据えたセキュリティ製品と言えます。iWave社製品にご興味のある場合も弊社までご連絡ください。

  • Mixel社D-PHY IPを採用したLattice FPGAのデモ

    世界で最初のD-PHY v1.2 2.5Gbps/laneをサポートする低消費電力FPGAでLattice CrossLink-NX、また12Gbps Agregate BandwidthをサポートするLattice CrossLinkにMixel社D-PHY IPが採用されました。

  • Gen-Z Micro Dev Kit

    Gen-Z Micro Dev Kitは、Gen-Zプロトコルの評価と開発に必要なすべてのコンポーネントを含むスタンドアロンのハードウェアプラットフォームです。
    このビデオでは、Gen-Z Micro Dev Kit のハードウエア構成について説明しています。このプラットフォームには、Gen-Zプロトコル対応の IntelliProp社製 Gen-Z IPコアが使用されています。

  • Gen-Z Media Box Overview – Dell EMC

    Gen-Z Media Boxは、FPGAベースのIntelliProp社製 Gen-Z Switch を備え、6つのZMMモジュールをサポートした Gen-Z準拠のメモリモジュールスイッチの評価が可能なメモリボックスです。
    このビデオでは、Gen-Z Media Box のハードウエア構成について説明しています。

  • UPI to Gen-Z Bridge – Dell EMC

    このビデオでは、Intel社のUPIインターフェースを使用した Gen-Z コンポーネント IntelliProp社製 UPI to Gen-Z Bridgeの概要と、昨年のSC19以降にアップグレードした UPI to Gen-Z Bridgeの主要な機能について説明しています。
    このプラットフォームには、Dell EMC社製サーバーや、Intel社製 Stratix10 DX FPGA評価キットが使用されています。

  • Tour of UPI to Gen-Z Bridge – IntelliProp

    このビデオでは、Intel社のUPIインターフェースを使用した Gen-Zコンポーネント IntelliProp社製 UPI to Gen-Z Bridgeの概要と、昨年のSC19以降にアップグレードした UPI to Gen-Z Bridgeの主要な機能について説明しています。

  • Single Node PoC Tour – IntelliProp

    このビデオでは、Gen-Zプロトコルの評価を可能とするプラットフォーム Gen-Z Single Node PoC のハードウェアの主要部分について説明しています。
    このプラットフォームには、Gen-Zプロトコル対応の IntelliProp社製 Gen-Z IPコアや、Xilinx社 Vertex UltraScalse Plusが搭載された BittWare社製 XUP-P3R FPGA評価キットが使用されています。

  • 高速IoTデイバス間認証

    Veridify社セキュリティソリューションを使ったIoTデバイス認証デモです。同社量子コンピューター耐性を持つセキュリティ製品はリソースが限られたIoTエッジデバイス向けSoCでも高速に認証とデータ保護が行えることを実証しています。

  • NVMe Host Accelerator IP Core③

    Xilinx Kintex Ultrascale KCU105開発キットと Samsung 970 Pro M.2 NVMe SSD PCIe Gen 3.0×4、NVMe1.3を利用した Intelliprop NVMe Host Accelerator IPコアのデモです。このビデオでは、IPコアの概要、主な機能、一般的に使用されるアプリケーション、およびデモ結果に基づいたシーケンシャル読み出し・書き込みテストのパフォーマンス結果を紹介しています。

  • NVMe Bridge IP Core

    Xilinx Virtex UltraScale+ VCU118開発キットを利用した IntelliProp NVMe Bridge IPコアのデモです。このビデオでは、IPコアの概要、主な機能、一般的に使用されるアプリケーション、およびデモ結果に基づいたシーケンシャル読み出し・書き込みテストのパフォーマンス結果を紹介しています。

  • NVMe Target IP Core

    Xilinx Virtex UltraScale+ VCU118開発キットを利用した IntelliProp NVMe Target IPコアのデモです。このビデオでは、IPコアの概要、主な機能、一般的に使用されるアプリケーション、およびデモ結果に基づいたシーケンシャル読み出し・書き込みテストのパフォーマンス結果を紹介しています。

  • 組込み製品の所有権管理とセキュアなファームウェアアップデート

    昨今製品のライフタイムにおける確実な所有権管理、それにフィールドでの セキュアなファームウェアアップデートについて、増大しているセキュリティ上の 脅威によって需要が高まっています。Veridify社が軽量、量子化耐性を持つ 独自暗号化技術とブロックチェーンを使って、所有権管理とセキュアな ファームウェアアップデートを可能にしたソリューションDOMEを開発し、 ご提供しております。本動画では、同社技術をご説明、DOMEの製品デモを お見せします。

  • Japan and RISC-V: The future starts now

    日本語によるRISC-Vのウェビナー。RISC-V IPと設計ツールのトップベンダーAndes社とIAR社が RISC-Vの採用事例、HWとSW設計についてわかりやすくご解説。

  • H.264 フルHDコーデック@60 超低遅延デモ

    カナダに本社を置くSystem-on-Chip Technologies社(SOC社)のH.264エンコーダIPとH.264デコーダIPの超遅延(Zero Latency)処理性能の紹介ビデオです。本ビデオは、フルHD(1080p)解像度で60フレーム/秒(60fps)のコーデック処理をXilinx Artix7上のIPで実装し、ビデオの2:06/3:57からの説明のように、17ms以下の低遅延を実現しています。

  • H.264 4Kコーデック@60 低遅延デモ

    カナダに本社を置くSystem-on-Chip Technologies社(SOC社)のH.264エンコーダIPとH.264デコーダIPの遅延(Low Latency)処理性能の紹介ビデオです。本ビデオは、4K解像度で60フレーム/秒(60fps)のコーデック処理をSOC社が製造・販売するCodec SOM(System on Module)とキャリアボードを使用して実現しています。そのエンコード処理とデコード処理の遅延時間については、ビデオの2:00/2:30からの説明で、0~1フレーム(60fpsの場合、1フレームは17ms)と紹介しています。

  • H.264 4Kコーデック@30 低遅延デモ

    カナダに本社を置くSystem-on-Chip Technologies社(SOC社)のH.264エンコーダIPとH.264デコーダIPの超遅延(Zero Latency)処理性能の紹介ビデオです。本ビデオは、4K解像度で60フレーム/秒(60fps)で、ビデオの054/1:13からの説明で、そのエンコード処理とデコード処理の遅延時間は、約1フレームと紹介しています。

  • 防水防塵Box PC-MX1シリーズ

    MiTAC Computing Technology Corporation社のMX1は最新のIntel高性能CPUを搭載、多彩なIOポート対応、お客様のニーズによりIOモジュールを変更して、カスタムBox PCを簡単に対応できます。例えばLAN*12ポート、COM*10ポート、PoE*10ポート、DIO*16。マルチ機能対応Box PCです。

  • Digital Core Design社の会社紹介

    Digital Core Design社は、IPコアのプロバイダーおよび、SoCのデザインハウスです。欧州のポーランドに拠点を置くDCD社は、プロセッサとマイクロコントローラのIPコア、バスインターフェイス、演算コプロセッサ、コンポーネントを提供しています。

  • 3D Surrouview SW Engine

    このビデオは、TES社 3D Surround View (サラウンドビュー)のキャリブレーションのプロセスと新機能である分割画面モードを紹介しています。

  • 物流向けLTE対応携帯端末

    ARBOR Technology社4.5インチから5インチの携帯端末のご紹介です。WiFiとLTEを備えており、バーコードスキャナーが実装されていることで、物流向け便利で高性能な端末に仕上がっています。

  • 感染症対策に最適、コンパクトな発熱検出ソリューション

    ARBOR Technology社のコンパクトで高性能な発熱検出ソリューションのご紹介です。スリムで取付けが簡単なE-Guardian S408は高精度AIボディ認識を使用し、デバイスを見つめる必要はありません。

  • 低遅延のTSNエッジコンピューティング向けソリューション

    Kontron TSN Startキットのデモです。TSNネットワークI/Fカードを備えたKontron KボックスC102は一定のネットワーク負荷があっても、モーター制御のパケット遅延ジッターが1マイクロ秒未満に留まり、回転ディスクの同期が維持できます。

  • CPU vs FPGA 文字検索や置換を行うFPGAアクセラレータカード(A10PL4)

    Intel Arria® 10 FPGAを搭載したA10PL4ボードです。このFPGAボードとHyper FiReと呼ばれる検索および置換アクセラレータを使用して、CPUの数百倍、数千倍も高速に文字検索や置換を行う方法を紹介します。

  • TeraBoxサーバー内に4つの水冷FPGAボード(XUPVVP)を搭載

    Xilinx UltraScale+によるアクセラレーションは消費電力や温度管理が重量です。液体冷却機能を備えたXUPVVPボード、TeraBoxサーバー、及びBMC(ボードマネージメントコントローラ)によりこれらの問題を解決します。

  • SATA Bridge

    Xilinx ML505-ML509開発ボードを利用した IntelliProp SATA Bridge のデモです。このビデオでは、Xilinx ML507開発ボードへのデモのセットアップ方法を紹介し、SATA Bridgeを通してSATAドライブからの HDビデオ再生を実演しています。

  • SATA SSD Controller IP Core

    IntelliProp SATA SSD Controller IPコアのデモです。このビデオでは、主要な機能、およびIPコアのベンチマークテストを実演し結果を紹介しています。

  • NVMe to SATA Bridge IP Core

    Intel Arria® 10 GX FPGA開発キットを利用した IntelliProp NVMe to SATA Bridge IPコアのデモです。このビデオでは、複数のSATAドライブを単一のNVMeデバイスとして扱うことのできるブリッジIPコアを紹介しています。

  • NVMe Host Accelerator IP Core②

    Xilinx Kintex® Ultrascale KCU105開発キットと Samsung 950 Pro M.2 NVMe SSD を利用した Intelliprop NVMe Host Accelerator IPコアのデモです。このビデオでは、シーケンシャル書き込みテストとランダム書き込みテストを実演し結果を紹介しています。

  • NVMe Host Accelerator IP Core①

    Intel Arria® 10 GX FPGA開発キットを利用した IntelliProp NVMe Host Accelerator IPコアのデモです。このビデオでは、主要な機能、潜在的なアプリケーション、およびIPコアの予想されるパフォーマンスを紹介しています。

  • Gen-Z IPコアの最新システムの紹介

    低遅延な Intel UPIをベースとした IntelliProp Gen-Z IPコアの最新システムのデモの紹介です。インテル®Xeon® CPU から Intel FPGA に接続された Gen-Z DRAMメモリモジュール(ZMM)に、IntelliProp Gen-Z IPとIntel UPI IPを介して通信するシステムです。つまり、IntelliProp Gen-Z IPコアは、Intel UPI to Gen-Zブリッジとして機能しています。

  • サーバー搭載用 FPGAアクセラレータカード(A10SA4)

    Intel Arria® 10 GX FPGAと最大16ギガバイトのDDR4 SDRAMが搭載されています。熱効率の良いボード設計と、40ギガビットQSFP I/Fにより、データセンターの高速化、高性能コンピューティングなどの幅広いアプリケーションでご使用頂けます。

  • COMeからHPCへ

    従来のCOMe規格からHPCへの新しい規格としてCOM-HPCをご紹介します。より高いメモリ帯域、高速なPCIe I/Fを特徴として、AIにも最適な規格として、2020年Q2にリリース予定となっています。

  • VR、AR向け最適なMPIソリューション

    Mixel社のMIPI C / D-PHYコンボIPを搭載したVRアプリケーション向けSynaptics VXR7200チップのデモです。VXR7200 VRブリッジチップは、VR、AR、およびMRデュアルディスプレイヘッドセット用に最適化されており、DSC圧縮で120Hzで動作する最大3Kx3Kの解像度で、クラス最高のHMDユーザーエクスペリエンスを実現します。

  • Setting up the ZCU104 Zynq Ultrascale+ to run PYNQ

    PYNQを実行するためにZCU104ボードを構成するためのガイド。 ビデオは、PYNQイメージを使用してマイクロSDカードをセットアップし、ボードを構成し、ケーブルを接続し、WebブラウザーからJupyter Notebookを使用してPYNQに接続する方法を示しています。

  • RISC-V ISA Forma Specについてのプレゼンテーション

    Bluespec社よりISA Forma Specについてのプレゼンテーションです。同社はRISC-V Internationalの主力メンバーで、RISC-VベースIPコアと設計ツールをご提供しています。

  • QT環境でのデュアルスクリーンデモ

    Dave社製品でのQT環境の応用事例です。i.MX6プロセッサをベースにしたDave社シングルボードコンピュータAxelでQT環境を実装し、タッチスクリーンコントロールを備えたデュアルスクリーンアプリケーションに最適です。

  • i.MX8という新時代を先取り

    i.MX8M搭載のDave社SoM製品のご紹介です。パワフルでスケーラブルなARM Cortex-A53プロセッサのほかに、デュアルPCIeやUSB3などの高速I/Oも実装されており、RTOSにも対応しています。

  • 高速で高精細の映像転送向けVESA DSC

    視覚的にロスレスで超低遅延の圧縮が必要な超高精細(UHD)アプリケーションに実装するためのVESA DSC準拠のエンコーダーおよびデコーダーIPのデモです。

  • DQ80251 世界最速の8051互換のCPU IP Core

    DQ80251は、Digital Core Design社が提供するIPコアで、元の8051チップより75倍以上高速に動作し、現在利用可能な最高性能のMCS51命令セットと互換性のあるIPコアです。この80251マイクロコントローラーコアは、MCS-51およびMCS-251命令セットを実行し、USB、イーサネット、I2C、SPI、UART、CAN、LIN、HDLC、スマートカードなどの多種多様な統合ペリフェラルとともに提供されます。

  • 高品質の実現には理由があります!

    気象衛星にも採用実績のあるDave社製品に関する品質管理のご紹介です。組み込みシステムの設計と製造のための高い標準レベルの顧客に対応できるように、Dave社では自社製品に対して徹底的なトレーサビリティを実現します。

  • D32PRO 32-bit CPU IP Core

    D32PROは、Digital Core Design社が提供するロイヤリティフリーの32ビットCPU IPコアで、RISCアーキテクチャに基づいています。DCDの経験に基づいて、パフォーマンスを1.48 / 2.67 DMIPS / MHzおよび2.41 CoreMarks / MHzに高めています。

  • RISC-VプロセッサIPのトッププロバイダーが最新情報を紹介

    Andes社RISC-V関連製品の最新プレゼンテーションです。RISC-VベースのプロセッサIPコアだけでなく、カスタム命令設計ツール、デバッグツールもご紹介しています。

  • Inrevium FMCを使ったMIPI CSI – DSIの実現

    NWL社CSI-2 RxおよびDSIホストコントローラーIPが実装されたVirtex-7開発ボードと(Inrevium FIDUS社のMeticom社ブリッジチップ採用)デュアルMIPI FMCボードのデモです。13メガピクセルのOmnivision社カメラは、各レーンに対して1200 Mbit / sで4レーンのデータ送受信となっています。DSIホストコントローラーコアからのMIPI信号は、4つのデータレーンのそれぞれで1000 Mbit / sで実行されます。

  • 広帯域次世代メモリ技術High Bandwidth Memory

    高帯域幅と同時に低消費電力の実現が可能なHBM(High Bandwidth Memory)のご紹介です。HBMは2.5Dテクノロジーを利用してSoCとHBMメモリスタックを相互接続するJEDECによって策定された規格で、高帯域幅と同時に低消費電力の実現が可能です。

  • Guiliani GUI FRAMEWORK

    ルネサス VK-RZ/A1H ver 4.0 MBED上で動作する TES社 Guiliani HMIフレームワークのデモです。

  • GPUs & Warping Engine

    TES社 GPUグラフィックスエンジンのユースケースとして、GPUの出力イメージとワープエンジンを組み合わせたデモです。ワープエンジンの変換機能は、ヘッドアップディスプレイやカメラレンズの補正に使用できます。

  • MIPI CSI-2 – HDMI高速映像転送

    1.2 Gbit / sで動作する4つのMIPIデータレーンで4Kビデオを出力するOmnivision 13850カメラを使った新しいCSI-HDMIデモです。NWL社CSI-2 Rx IPはVirtex-7に実装され、Mixel社D-PHYテストチップから送信された映像信号を処理し、画像データはBeyer処理され、色とガンマが補正され、HDMI経由で1080Pディスプレイに送信されます。

  • AIに最適なハイパフォーマンスシングルボードコンピュータ

    CuBoxTVは、SolidRun社のCuBoxラインの次のイテレーションです。 すべてのモデルがクアッドコアになり、LinuxまたはAndroidを実行し、4 GBのRAMのオプションがあります。超小型0.13リトル、高い計算能力、画像処理エンジン内蔵、メモリー4GB.小さいながらLinux、Android対応のシステムを構築できます。

  • AI、マシンビジョン向けシステム

    Dave社Axel Lite SoMをベースにしたAI、マシンビジョンを実現したシステムのご紹介です。Dave社テクニカルノートSBCX-TN-005にはさらにTensorFlowでのDeep Learning実現についてご紹介しています。

  • 様々なプロセッサが選択できるQ7プラットフォーム

    SECO社Q7プラットフォームのご紹介です。Quadmo747-X/T20はQ7フォームファクタで、Tegra2、OMAP4、i.MX51、i.MX28など様々なプロセッサに対応しており、お客様の製品構成に高い柔軟性をもたらします。

  • 柔軟性と同時機能の料率、FPGA in SoM

    Dave社BORA XILINX ZYNQ SoMデモボードのご紹介です。SoMの柔軟性とFPGAによる機能拡張性を兼ね備えた製品で、様々なターゲット市場向けにカスタマイズできます。

  • DAVE Embedded Systems for Cloud and Machine Learning

    DAVE Embedded Systemsはクラウド及びマシンビジョンで活躍しており、MLは製品にこれらの機能を採用し、これらの機能を含む組み込み設計をお客様にサポートすることを目的とした主要な研究テーマの1つです。 さらに、DAVE Embedded Systemsの役割は、エッジとクラウド間の接続を可能にするSWおよびHW開発をサポートすることにより、お客様が独自のクラウドインフラストラクチャを構築できるようにすることです。

  • デジタル署名アルゴリズム(DSA)『WalnutDSA』を実証

    デジタル署名アルゴリズムWalnutとECDSAを同じハードウェアプラットフォームでの実行結果として、Walnut DSAは12倍も処理速度が速いことがわかります。軽量な処理は演算リソースが限られているIoTエッジデバイスに最適で、また既知の攻撃に対して量子コンピュータ耐性を持つことも大きな特徴です。

    • SecureRF Corporation
  • エッジAIプラットフォーム「リアルタイム白杖検出デモ」

    EDGEMATRIX株式会社プレスカンファレンスにて、EDGEMATRIX株式会社製 Edge AI Box – Indoorを活用した例としてデモ展示を行いました。エッジAIにて白状をリアルタイムで検出しています。転移学習を行っており、非常に少ない学習データで構築している点が特徴です。エッジ側でAIを実行し、クラウドを利用して多岐にわたるシステムとの連携により、多様な用途の可能性が考えられます。

    • FSI Embedded
  • FPGA用PCIe拡張シャーシ:TeraBox X5000TT

    TeraBox X5000TT拡張シャーシ1台にFPGAボードを8枚搭載することができます。X5000TTにはプロセッサーは無く、ホストシステムの拡張用シャーシとして使用します。1つのホストに32個のFPGAボードを接続できる為、多くのFPGAをホストに接続するソリューションに最適です。

    • BittWare
  • 高密度FPGAサーバー:TeraBox 1400B

    TeraBox 1400Bは1Uシャーシ内に4枚のFPGAボードを搭載することがき、最高レベルのコンピューティングおよびネットワーク機能を提供します。CPUホストは、2つのIntel Xeon Platinum 8180プロセッサで優れたパフォーマンスを提供します。

    • BittWare
  • エッジコンピューティングの可能性→エッジAI

    産業向け組込み向けをターゲットにエンベデッド系の内容にフォーカスし、エッジコンピューティング・市場ニーズ・エッジAIを実現するコンサルテーションの3点の解説をメインにカバーしながら、どうやってエッジAIを実現していくのをかをイメージを持っていただくためのご紹介です。

    • FSI Embedded
  • エッジで実現するAI。最新技術と実装方法のご紹介

    エッジAIをFPGAで実現し、高速化を意識した1年前のデモのご紹介から最新のAI実装状況のデモをご紹介させて頂き、その最新技術と実装に向けたご紹介です。FPGAでのエッジAI実装において、分類だけではなく物体認識も実装可能になった点が特徴です。エッジAIを実現するにあたり、FPGAと他の選択肢の比較や優位性、どのようなAI推論処理が向いているかをご紹介しております。FPGAへAIを実装するにあたり、最新の技術を利用した弊社のエッジAI実装コンサルテーションをご紹介させていただております。

    • FSI Embedded
  • エッジAI実装プラットフォームのご紹介

    エッジAIが動作するプラットフォームバリエーションが増加しており、実現可能なAI推論の幅が広くなってきています。以下のハードウェアプラットフォームを利用したご紹介です。インテル®Arria®10 SoC・インテル®Cyclone®V SoC・Qualcomm®Snapdragon™820・インテル®Core™i7・Nvidia JetsonTX2デモ内容は、物体検出・分類・顔検出・服装判定・白状検出やStereo Visionとの組み合わせることにより、距離検出とAIの組み合わせもご紹介しており、特定のアーキテクチャに偏らず幅広くご紹介している点が特徴です。

    • FSI Embedded
  • Japan IT Week 関西 デモ動画(会期:2018年2月21日~23日)

    富士ソフトが得意とするFPGAソリューションとしてエッジAI実装コンサルテーションをご紹介しています。その例としてStereo VisionとAI推論の組み合わせデモです。FPGAを用いることで高速・低遅延・日々進化するAI技術に追従できる柔軟性を持ち合わせたAIソリューションをご提案させて頂いている点が特徴です。

    • FSI Embedded
  • 【BlackBerry QNX】CES 2019 Booth Video

    • QNX Software Systems Limited
  • 【BlackBerry QNX】Karma Revero – CES 2019

    • QNX Software Systems Limited
  • 【BlackBerry QNX】Audi Q8 – CES 2019

    • QNX Software Systems Limited
  • 【4K映像】 高解像・超低遅延コーデックデモ

    • FSI Embedded
  • 4K映像 超低遅延コーデック実証動画

    • FSI Embedded

まこちゃんブログ

NEWS

MORE  

PARTNER

  • Intel
  • Xilinx

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!