KUMICO

COLUMN

【Intel® アクセラレーションカード開発日誌 #4】 Intel® アクセラレーションカードの開発方法

前回はIntel® Programmable Acceleration Card(以降Intel® アクセラレーションカードと呼称)のDMA速度の測定と、測定結果からの性能の考察を行いました。今回からは、いよいよIntel® アクセラレーションカードの開発を始めていきます。

ベースはサンプルデザインで

前回は基本的な2つのサンプルDMAデザインが用意されているという話をしました(図1)。
データの塊を共有メモリからIntel® アクセラレーションカードのローカルメモリにコピーしてくるDMA AFU (https://www.intel.com/content/www/us/en/programmable/documentation/tmv1511227122034.html)と、データを順次Intel® アクセラレーションカードにストリームデータとして転送するStreaming DMA AFU (https://www.intel.com/content/www/us/en/programmable/documentation/ctb1526061110715.html)です。いずれも、デザインを解説するドキュメントも用意されています。

É}1図1 DMA AFUとStreaming DMA AFUの概要基本的には、この二種類のデータ処理で、Ethernetを直接制御しない形であれば大方のアプリケーションのベースが務まると思われます。Intel®社も、こういったサンプルデザインをベースにした設計を推奨しています。

本稿では、Intel® アクセラレーションカードに映像データ処理IPコアを実装する開発を行います。このIPコアはSDIストリーム信号を入出力とする仕様になっているので、今回はStreaming DMA AFUをベースに開発していきます。
Intel®社公式のAFU設計ガイドであるAccelerator Functional Unit (AFU) Developer’s Guide (https://www.intel.com/content/www/us/en/programmable/documentation/bfr1522087299048.html) と並行しながらご覧ください。

AFUデザインのフォルダ構成

Streaming DMA AFUのサンプルデザインは、以下の場所にあります。
$OPAE_PLATFORM_ROOT/hw/samples/
(なお、$OPAE_PLATFORM_ROOTは、Intel®Acceleration Stackをインストールした際に指定される、OPAEのRootディレクトリです。詳細はIntel® アクセラレーションカード開発日誌#2を参照してください。)

PAC#4さらに、Streaming DMA AFUのサンプルデザインは、以下のようなディレクトリ構成になっています。

さて、サンプルデザインをQuartus Primeで開いて中身を見てみようとするのは、設計者が行う第一歩目ですが、これらのディレクトリの中をいくら探してもqpfファイル(Quartusのプロジェクトファイル)がありません。
実は、qarファイルを含むワークディレクトリと一部のQuartus用ファイルは、afu_synth_setupというコマンドで生成される仕組みになっています。

サンプルデザインのディレクトリの最上位階層で、以下のコマンドを実行します。
$ afu_synth_setup --source hw/rtl/filelist.txt build_synth

img2-newすると、そのディレクトリにbuild_synthというディレクトリが生成されます。生成された中身は以下のようになっています。

build_synth/build の下に、やっとqpfファイルが出てきました!sdcファイルやqsfファイルも!おなじみのファイルが出てきて嬉しくなりますね。
つまり、build_synth/build が、Quartus Primeのワークディレクトリということになります。

afu_synth_setupコマンドの引数では、filelist.txtを指定していて、このファイルの記載を元にQuartus Primeのワークディレクトリのファイルを生成しています。
このfilelist.txtはビルドコンフィギュレーションファイルと呼ばれる、AFUのデザインソース(RTL、IP、Platform Designerサブシステム、制約など)、必要なマクロ定義とインクルードファイル、jsonファイルも含めた全てのファイルのパスをリストしたものです。
このfilelist.txtこそが、プロジェクトに必要なあらゆるファイル情報が記載されており、AFUデザイン管理の要ということになります。

さて、build_synth/build に移動し、qpfファイルをQuartus Primeで開いてみましょう。

念のためにQuartusのライセンスを確認すると、Intel® アクセラレーションカードの開発に限ったローカルライセンスとなっていることがわかります(図3)。Intel® アクセラレーションカード開発専用Quartus Primeということですね。

É}2 Quartus_Prime_License図2 Intel®Acceleration StackでインストールされたQuartus Primeのライセンス画面

AFU開発のツールフロー

Quartus Primeでdcp.qpfを開くとわかりますが、dcp.qpfには2つのリビジョンが含まれています(図3)。

É}3_Quartus_Revision図3 Streaming DMA AFUのリビジョンafu_fitというリビジョンは、タイミングレポートやタイミング解析を実行するためのみに用いられるようです。afu_fitのTop-lebel design entityはdcp_topで、このままコンパイルするとAnalysis & Synthesisまで進んだところで
Error(xxxx): Top-level design entity “dcp_top” is undefined
というエラーが出て失敗します。

afu_synthはビルド用のリビジョンです。サンプルデザインからデザイン修正して開発する際は、このリビジョンをベースに開発用のリビジョンを作成することが推奨されています。Top-lebel design entityはgreen_bsで、このままコンパイルするとfitterで
Error(xxxx): Running the Fitter on a partial reconfiguration design at the synthesis revision is illegal.
というエラーで失敗します。余談ながら、green_bsはGreen Bit Streamのことで、Intel® アクセラレーションカードの開発版ではAFUをGreen Bit Stream、FIMをBlue Bit Streamと呼ばれていた頃の名残です。

結局、どっちもビルドに失敗するんかよ!と思われたかと思いますが、Intel® アクセラレーションカードのデザインのビルドは、Quartus PrimeのUIではなく、コンソールのコマンドラインで行うことになっています。
先程のafu_synth_setupコマンドで生成された、build_synthディレクトリの下で、以下のコマンドを実行することで、ビルドが開始します。このとき、run.shの中で参照されるリビジョンは、afu_synthのみです。
$ $OPAE_PLATFORM_ROOT/bin/run.sh

ビルドが完了すると、同じディレクトにgbsファイルが生成されます。これがIntel® アクセラレーションカードのAFUにロードされるFPGA回路データです。

É}4図4 Intel® アクセラレーションカードのAFU開発ツールフロー<つまり、Quartus Prime上では、Platform Designerやテキストエディタで設計を行い、IPをジェネレートし、Elaborate, Analysis, Synthesis までを実行してデザインに問題がないことを確認するとろろまでが出番です。ビルドの実行はコマンドラインで行います。そして、ビルド後にタイミング解析やインサーキットデバッグを実行するときに、再びQuartus Primeが使われます。
こういったツールフローが非常にわかりにくく、これまでIntel® FPGA開発を行ってきた人でも気をつける必要があります(図4)。

さて、Accelerator Functional Unit (AFU) Developer’s Guideの推奨どおりに、afu_synthをベースにした、開発用のリビジョンafu_devを作成します。
そして今後は、afu_synthは触らずに、afu_devのデザインを変更していきます。

Quartus Primeの操作先のリビジョンをafu_devにしている状態で、Platform Designerを起動します。このとき、qsysファイルの場所を聞かれますが、はて、最上位階層のqsysファイルはどこにあるのでしょう。
これもなかなか分かりづらいのですが、Streaming DMA AFUの場合は以下の場所にあります。

streaming_dma_afu/hw/rtl/TEST_streaming_dma/A10/streaming_dma_test_system.qsys

これでやっと、デザインの概要が把握できるところまできました。
ここまでくると、このPlatform Designerで回路変更し、HDL generateし、Quartus PrimeでSynthesis まで実行し、コマンドラインでrun.shを実行してビルドする、という手順が見えてきましたね。

試しに、全くデザイン変更することなく、HDL generateからrun.sh実行までを行ってみてください。無事にgbsファイルが生成されたら、それをfpgaconfコマンドでIntel® アクセラレーションカードにデプロイしてみましょう。
swディレクトに入っているサンプルソフトウェアをビルドし、実行することでエラーが出なかったら、Intel® アクセラレーションカードの開発手順に間違いはなかったことになります。

以上、Intel® アクセラレーションカードの開発手順に置いて、従来のIntel® FPGAとは異なる部分を中心に説明してきました。Intel® FPGAの開発手順そのものについては、Intel社や、Intel社のFPGA代理店、マクニカ社が様々な資料を提供しており、トレーニングも行っているので、各社にお問い合わせください。

個別相談も承っております。下記よりお申し込みください。

個別相談会申し込み

関連記事

まこちゃんブログ

NEWS

MORE  

PARTNER

  • Intel
  • Xilinx

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!