KUMICO

COLUMN

TAOS社がDCD社のDP8051ファミリー、DoCD™を採用

Texas Advanced Optoelectronic Solutions, Incorporated(以下、TAOS社)の製品は、高効率かつコストパフォーマンスが良く世界的に知られています。このような製品を設計するためには、最高の基準を満たすソリューションを提供できるサプライヤーが必要で、Digital Core Design社(以下、DCD社)はそのサプライヤーの一つです。DCD社の高速で信頼性の高いDP8051IPコアとDoCD™を採用することで、多くの課題を解決することができました。

DCD社のIPコアを採用したTAOS社のコメント

「DCD社と仕事をするようになって数年が経ちます。DCD社の製品や技術サポートは、すべて私たちのために役立っています。企業にとって最も重要なことのひとつは、製品をしっかりとサポートすることだと思います」
Bob Stricklin
TAOS Inc. 技術スタッフ

DCD社の高品質なソリューションの主な特徴

  • ソリューション導入の各段階での専門的な技術サポート

  • 超高速、高品質、高性能なDP8051IPコアの提供

  • DoCD™デバッギングシステムによるリアルタイムかつ非侵入型のデバッギング機能の提供

TAOS社は、ディスプレイマネジメント、近接検知、カラーマネジメントの3つの技術のグローバルリーダーです。ディスプレイマネジメントは、光を中心としたディスプレイベースのデバイスに適用されるもので、周囲の光を感知する機能と近接検知機能の両方を1チップのソリューションに含んでいます。近接検知(センサーから指定された距離内にある物体の存在を検知する)は、ディスプレイの消費電力管理が重要視されるコンピューター、携帯電話、家電製品など幅広い製品に使用されています。TAOS社のセンサーには、カラーマネジメント技術が実装されており、色の識別、判定、測定などのソリューションを実現しています。固体照明やRGBバックライトシステムのカラーフィードバック制御、プリンターの色調整、工業プロセスの品質管理、携帯型医療診断システム、さらには紙や製品を扱う機器など、さまざまな用途に使用されています。

TAOS社は、テキサス州プレイノに本社を置く企業です。1998年に設立され、光検知ソリューションの開発に取り組んでいます。TAOS社によって実装されたテクノロジーは、システムコストが良く、システム性能の向上と設計サイクルタイムの短縮を実現しています。

DCD社は、IPコアとシステムオンチップ(SoC)のリーディングカンパニーです。同社は1999年に設立され、当初からIPコアのアーキテクチャ改善のエキスパートとして知られています。DCD社のIPソリューションの革新性は、INTEL、SIEMENS、TOYOTA、OSRAMなど、世界中の200以上の顧客に販売された300以上のライセンスによって確認されています。

関連製品

8ビットマイクロコントローラ【DP8051】
DCDオンチップデバッガー【DoCD】

Digital Core Design社の製品はこちら

ASIC

個別相談も承っております。下記よりお申し込みください。

個別相談会申し込み

関連記事

まこちゃんブログ

NEWS

MORE  

PARTNER

  • Intel
  • Xilinx

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!