KUMICO

COLUMN

物体検出のための航空機向けアプリケーション

航空機を操縦するパイロットにとって、航空機に衝突する可能性がある物体を素早く特定することは、安全な運航をするために重要です。そのためには、映像信号の処理と管理を可能な限り遅くして、物体の速度と方向を正確に測る必要があります。

DAVE Embedded Systems社のSOMを用いた開発事例

今回の開発プロジェクトでは、DAVE Embedded SystemsがCPU(Arm)上で動作するリアルタイムOSとFPGAを統合したプロセッサをベースに、複雑な演算処理を容易にこなすシステムの基本的な部分を設計しました。
この技術は、民間航空機を含む世界中のあらゆる航空機に利用することができます。接近する物体に対して自動的に反応するため、素早い回避行動や対策をとることができます。このシステムは、熱分析によって物体を検知し、その動きの特徴を推定できるため、軍事的な場面においては、レーザー照射を妨害するなどの防衛策を発動します。したがって、このシステムの主な目的は、コンパクトなサイズと防御システムを維持しながら、映像ソースを迅速に作成することです。
DAVE Embedded Systems社は、BORA System On Module をプロジェクトに適合させ、COTS から厳しい環境認証に適応した軍用システムへと変換し、お客様の開発コストを大幅に削減することを可能にしました。
さらに、DAVE Embedded Systems社は、このモジュールにリアルタイムで検証されたオペレーションシステム(OS)とKHで改善されたコンフォーマルコーティングとシーリングを統合し、開発と煩雑な管理の部分でお客様をサポートしました。
BORAシステム・オン・モジュールの詳細については、以下のリンクからドキュメントを参照してください。

【BORA】Xilinx ZYNQ XC7Z010/XC7Z020 CPU module

プロジェクトの概要図

このプロジェクトの概要は、以下の図でより詳しく説明しています。

DAVE Embedded Systems社の製品はこちら

CPU

個別相談も承っております。下記よりお申し込みください。

個別相談会申し込み

関連記事

まこちゃんブログ

NEWS

MORE  

PARTNER

  • Intel
  • Xilinx

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!