富士ソフト、Blue Pearl Software Inc.と販売店契約を締結

2016年11月15日
製品

富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:坂下 智保)は、組み込みシステム開発の高度化と効率化を目的とした、組み込み製品およびデザインサービスを提供する事業を展開しております。 この度、新たにBlue Pearl Software Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ市、President and CEO:Ellis Smith)と販売店契約を締結し、11 月15(火)より、同社の「Visual Verification Suite(ビジュアル ヴェリフィケーション スウィート)」の販売を開始しました。

 

ASIC/FPGA開発向けRTL検証ツール「Visual Verification Suite」

Blue Pearl Software

Print

信頼性の高いRTL開発を可能にするASIC、FPGAおよびIP RTLの開発者や管理者向けの総合的EDAツール

製品構成

●Analyze RTL™(ACE を含む)
 RTL の詳しい分析と検証により、シミュレーションと論理合成の前に迅速に問題を特定できます。

●Clock Domain Crossing analysis (CDC)
 CDC 検証※1 におけるASIC、FPGA 設計の分析機能を提供します。

●Automatic SDC Generation (SDC)
 高速にFSM(finite state machine)※2 および制御挙動解析、フォルスパス連続分析、例外タイミング制約を生成します。

●Management Dashboard
 RTL 検証過程の確認、およびエラーやワーニングなどのメッセージ数をグラフィカル・レポートで確認できます。

 

 

 

 

※1 CDC検証(非同期検証):非同期(異なるクロックで動く回路の間)データ転送時に,誤動作などの問題が起きるかチェックすること
※2 FSM(有限ステートマシン):いくつかの状態を持っていて状態によってふるまいが決定され、別の状態へ遷移する仕組み
※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00