PathPartnerの組み込み製品

概要



富士ソフトはPathPartner社のH.265エンコーダ/デコーダIPコアを販売しています。PathPartner社のデコーダIPは、放送機器からコンシューマ向けまで幅広くニーズがあり、アルテラ / ザイリンクス両方のFPGAに対応。また、86系CPUに対応したソフトウェアIPも提供しています。
同時に、独自の画像技術を用い、カメラモジュール製品を開発販売しております。マシンビジョンカメラ モジュール、5MP USB カメラ モジュールを提供します。

2006年にインド バンガロールにて会社を設立し、米国にも拠点を持ち、自動車、放送機器、マルチメディアカメラなど、幅広い業界の世界中のクライアントの複雑な難問を解決するために、先進の組込み技術として、設計、製造開発、および統合サービスを提供し、優れたパフォーマンスとより速いTime-to-Marketの実現に貢献する会社です。

PathPartner 取り扱い製品カテゴリ

1080p@120fpsから4K@30fpsまでに対応するEncoderおよびDecoder IPコアで、FPGA向けIPと86系CPUに対応したソフトウェアIPを提供します。

独自の画像技術を用い、カメラモジュール製品を開発販売しております。マシンビジョンカメラ モジュール、5MP USB カメラ モジュールを提供します。

ソリューション

ハードウェアIPとして、FPGAおよびASIC /SoC 向けにH.264 、H.265コーデック IPを持ち、またx86 用ソフトウェアコーデックを持つことにより、放送機器から民生機器まで幅広い分野に実績があります。また、H.265のみならず幅広く画像圧縮技術の蓄積があるため、デザインサービスにおいてもより広い範囲の市場を網羅しています。

適用分野

自動車分野
放送機器製品
マルティメディア製品
画像分野を中心に受託設計

使用例

FPGA搭載システムにH.265デコーダ機能を追加
H.265デコーダの開発期間・コストを抑制

製品一覧

FPGA・ASIC向けIPコア

H.265 Encoder IP

放送レベルの映像品質を維持しながら、高ダイナミックレンジ解像度(1080pおよびUHD)映像を30分の1以下に圧縮することができるリアルタイムHEVCエンコーダです。

映像処理

画像処理

H.265 Decoder IP

CPU使用率、消費電力、および物理リソース使用率を最小限に抑えながら、最速のデコーダを提供するリアルタイムハードウェアHEVCデコーダです。

映像処理

画像処理

モジュール、VASSP

USB Camera Module 5MP

USB3.0準拠のカメラ・モジュール。ボードサイズは55mm x 20mmとコンパクトで商品化、試作開発に最適です。

映像処理

画像処理

USB Machine Vision Camera

USB3.0準拠のカメラ・モジュール。ファクトリー・オートメーション等、マンマシンカメラ用途。プラグアンドプレイ動作。

映像処理

画像処理

PathPartner Technology Pvt.Ltd.

PathPartner

所在地
インド、バンガロール
設立
2006年
事業内容
H.265エンコーダ/デコーダIPコアの開発・販売。特にデコーダIPは、放送機器からコンシューマ向けまで幅広くニーズがあり、アルテラ / ザイリンクス両方のFPGAに対応。また86系CPUに対応したソフトウェアIPも開発・販売。
主力製品
H.265/H.264 エンコーダ/デコーダIPコア
ウェブサイト
https://www.pathpartnertech.com/
富士ソフトはPathPartnerの国内販売店です。

PathPartnerの組み込み製品
に関するお問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00