開発ツールの組み込み製品

富士ソフトの組み込み開発サイトで取り扱う、設計ツールの組み込み製品は只今準備中です。もうしばらくお待ちください。

11個の製品がヒットしました。

製品カテゴリ

開発ツール

機能

なし

メーカー

なし

キーワード

なし

検索結果:開発ツール

[ 検証評価 ],  開発ツール

Avery Design Systems

Memory VIP

Memory VIPポートフォリオは、柔軟性に富んだ、オープンアーキテクチャベースの、モデル、プロトコルチェッカーとコンプライアンステストスイートを搭載し、100%自社のSystemVerilogとUVM搭載の上に成り立っています。

検証評価
DisplayPort VIP

DisplayPort VIPは、表示解像度、音声チャンネル・パラメータ・セット、ビデオ、音声、制御、ダイナミックな再構成を搭載したテスト、そして低電力モード動作のすべての広範囲な検証を可能にします。

検証評価
Display VIP Portfolio

Display VIP Portfolioは、表示解像度、音声チャンネル・パラメータ・セット、ビデオ、音声、制御、ダイナミックな再構成を搭載したテスト、そして低電力モード動作のすべての広範囲な検証を可能にします。

検証評価
AMBA-Xactor

AMBA-Xactorは、AMBAベースのデザインのベリフィケーションをサポートし、ランダムなカスタムメイドのテストによりお客様のデザインをベリファイすることが出来ます。

検証評価
Automotive VIP Portfolio

Automotive VIP Portfolioは、すべてのメジャーなネットワークとMIPIとメモリ規格をカバーしているSystemVerilog/UVMモデル、プロトコル・チェッカーとend2endベリフィケーションのためにユニットレベルの、ならびにSoCレベルのマルチプロトコルテストベンチをサポートしている適合テストスイートのすべてをインプリメントしています。

検証評価
SimXACT

SimXACTは、論理シミュレーションにおいてX値と関連した非決定論を取り扱う固有の制限を効果的に解決するための包括的なソリューションを提供します。

検証評価

Blue Pearl Software

Advanced Clock Environment (ACE)

Advanced Clock Environment (ACE)はユーザーがClock Domain Crossing (CDC)のメタスタビリティ(準安定状態)を防ぐための分析をサポートする目的でRTL設計上の同期/非同期クロックやドメインの関係を可視化します。

検証評価
Analyze RTL™

「Analyze RTL™」はEDAの従来の手法を改善し、より使いやすく、高性能で、検索と修正速度を高めたことにより大容量の設計検査・解決を提供する優れたLintツールによる詳しい分析と公式検証を兼ね備えています。

検証評価
Automatic SDC Generation

Automatic SDC Generationは自動でフォルスパスやマルチサイクルパスを検出したものに基づいて、後工程で使用する制約(SDC)ファイルのテンプレートを生成し、タイミング制約にかける労力と時間の削減に役立ちます。

検証評価
Clock Domain Crossing (CDC)

Clock Domain Crossing Analysisは、クロックドメインクロッシング (CDC) 問題に対する解析とデバッグの機能を備えています。

検証評価
Management Dashboard

Management Dashboardは、実行ごとにメッセージ、クロックドメインクロッシング、ウェイバーの監視と記録を行い、RTL検証過程をリアルタイムで視覚的に確認できます。

検証評価

お問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00