ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

画像処理

画像処理

概要・特長

高度圧縮技術研究所(ISCT)は、最先端を目標とした画像処理技術の研究開発、画像処理技術を含んだファームウェアの開発や試作ボード製造を行なっています。主な画像処理技術には次のようなものがあります。

  • オブジェクト抽出
  • キズ・クラック検出
  • 魚眼補正

主な製品

オブジェクト抽出

画像から物体を抽出する画像処理技術を提供します。

  • 2画面比較や、起動情報抽出、角度・長さ測定、速度測定などが動画像から抽出可能
  • 指定したオブジェクトを認識し、フレーム毎の抽出を行うことが可能
  • 背景が動いていてもオブジェクトを認識し抽出することが可能
  • 物体の「動き検出」「動き追跡」「動き認証」「色認証」などの技術も提供可能

オブジェクト抽出


キズ・クラック検出

画像から任意の傷を検出する画像処理技術を提供します。

  • 道路やレンズ、ウエハーなど、撮影し取込んだデジタル画像から傷を算出する画像処理技術
  • 傷以外にもホコリや塗装の膜抜け、欠損部分などを検出することが可能
  • 検出データはエクセルやCADデータとして保存が可能

キズ・クラック検出


魚眼補正

360度カメラなどで使用される魚眼レンズに合わせた補正技術を提供します。

  • 監視カメラなどで使用される魚眼レンズに合わせた補正技術のカスタマイズが可能
  • 4カメラ画像を合成して作る全方位画像(アラウンドビュー)などにも対応

魚眼補正

製品一覧

名称特長
オブジェクト抽出画像から物体を抽出する画像処理技術を提供します。
キズ・クラック検出画像から任意の傷を検出する画像処理技術を提供します。
魚眼補正360度カメラなどで使用される魚眼レンズに合わせた補正技術を提供します。
カラー検出画像から色情報を抽出する技術を提供します。
OCR画像から英数字の文字情報や、二次元コードの情報を読み取る技術を提供します。
OCR-A/B、E-13B、マトリックス(QR、CP、SP)、スタック(PDF417)など
二次元コード画像から英数字の文字情報や、二次元コードの情報を読み取る技術を提供します。
OCR-A/B、E-13B、マトリックス(QR、CP、SP)、スタック(PDF417)など
QRコード読み取り画像から英数字の文字情報や、二次元コードの情報を読み取る技術を提供します。
OCR-A/B、E-13B、マトリックス(QR、CP、SP)、スタック(PDF417)など

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

高度圧縮技術研究所の画像処理
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00