製造現場のランニングコストを減らす
映像データ削減ソリューション

お客様が抱える課題に対してのソリューション事例 その2

Jirei 2 トレーサビリティのための保管データは数十PBに上る
データ削減で 年間800万円 のコスト削減を目指す

< お客様の課題 >

自動車製造の各工程において、データ収集用の専用端末で画像・動画など様々な種類の映像データをサーバへ保存しており、その目的は「トレーサビリティ」。自動車の生産終了を経て、部品保管期間を終えるまでデータを保存する義務があり、そのデータ量は膨大で管理に悩まされている。

< 富士ソフトのソリューション >

車体組立て工程・部品組立て工程・塗装工程が対象で、検査対象の外観に関する汚れ・変形など製造不良を判別されており、検査で使用する映像データがサーバーのストレージの大半を占めていました。
解決のアプローチとして、本ソリューションの特徴である「映像品質を落とさずに、データを高圧縮する」ことにより、サーバー内の映像データ量を1/2~1/3へ大幅に削減しました。

jirei 2

お客様が現在運用されている既存システムには手を加えず、運用方法もそのまま。映像蓄積用サーバーに一旦格納されたデータを、新規追加した「映像データ削減装置」で吸い出し、データを削減し、再度格納する形をとり、最終的に保存されるデータは以前よりも削減することが可能となっています。サーバー内のフォルダに格納されたデータを自動で変換し、再格納するのでバッチ処理などの手間もありません。
また、映像データ削減装置は、小型のBOXタイプですので、設置場所に悩ませられることもなく、無駄なコストはかけずにソリューションの導入が可能です。

お問い合わせはこちらから

組み込み製品・システム開発関連はもちろん、価格などについてもご相談があれば、
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合、お電話でのお問い合わせも承っております。
TEL:050-3000-2102(インダストリービジネス事業部)までご連絡ください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!