i.MX 8、i.MX8 mini、i.MX NXP、i.MX8 Plusを
搭載したSOM(CPUモジュール)

i.MX 8を搭載したSOM

i.MX 8シリーズのアプリケーション向けプロセッサ(CPU)は、機能およびパフォーマンスが拡張可能なマルチコアプラットフォーム(Multi-core Platform)であり、Arm Cortex Architecture(アーキテクチャ)に基づくシングルコア(Single Core)、デュアルコア(Dual Core)、およびクアッドコア(Quad Core)ファミリが含まれています。これには、Cortex-A72 + Cortex-A53、Cortex-Mの組み合わせが含まれており、高度なグラフィックス、イメージング、マシンビジョン、オーディオ、音声、ビデオ、およびセーフティクリティカルなアプリケーション向けのソリューションに活用いただけます。具体的な利用シーンは、信号処理、コンピュータービジョン、HMIアプリケーションなどがあります。また取り扱い製品(products)としては、NXP i.MX 8Mアプリケーションプロセッサ(application processor)をベースとした開発(評価)ボード(evaluation board)などがあります。

i.MX(アイドット・エムエックス)は、ARMアーキテクチャに基づいており、低消費電力に焦点を当てたマルチメディアアプリケーション向けのプロセッサ(CPU)ファミリです。i.MX(NXP製品)アプリケーションプロセッサ(application processor)は、CPU・VPU・GPUなどと、一つのボード(board)に処理ユニットを統合するSoCです。
i.MX 8のシリーズには、i.MX 8 DualX、i.MX 8 DualXPlus、i.MX 8 M、i.MX 8 M Mini、i.MX 8 M Nano、i.MX8 X、i.MX8 QM、i.MX 8 QuadMax、i.MX 8 QuadPlus、i.MX 8 QuadXPlus(i.MX8 QXP)などがあります。NXP SemiconductorsのNXP i.MX 8M アプリケーションプロセッサ(application processor)は、Arm® Cortex®-A53とCortex-M4が特徴で、ユーザーエクスペリエンスの要件を満たすように設計されています。主な標準機能は、Advanced Security, Ethernet with AVB, USB 3.0 with PHY, MMC/SDIO, UART, SPI, I²C, I²S, Timers, Secure RTC, Media Processor Engine (Neon™), Integrated Power Managementです。またそれぞれで「CPU, GPU and DSP 」「HMI & Multimedia 」「GPU Libraries and Extensions」「Interfaces」「Memory Types」が異なっています。 

※最多で2つのArm® Cortex-A72、4つのCortex-A53、2つのCortex-M4Fがあり、NXP® i.MX 8QuadMax(i.MX 8QM)、i.MX 8QuadPlus(i.MX 8QP)、最新Armv8 64ビットCPUコアを搭載し、デュアルバンド802.11ac 2x2 MU-MIMO Wi-FiおよびBluetooth 5内蔵し、高度なハードウェアセキュリティと安全機能を実現しています。

i.MX 8
に関するお問い合わせはこちらから

組み込み製品・システム開発関連はもちろん、価格などについてもご相談があれば、
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合、お電話でのお問い合わせも承っております。
TEL:050-3000-2102(エンベデッドソリューション推進部)までご連絡ください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!