組み込み開発:技術語り

Androidアプリ開発

なぜお店で使う業務専用端末は使いづらいのか?

  • Android
  • アンドロイド
  • 組み込み
  • 開発

お店をはじめ、営業や流通、製造など、多くの現場においてその業種に特化した専用端末が使われています。例えば、在庫管理や倉庫管理を改善するために、ハンディターミナルを改善し、より効果的な端末にしています。これらは業務ごとに特化した機能を持っていますが、その使い勝手については、業務利用されるシーンにおいてあまり高評価を聞きません。ここでは、なぜ業務利用として使われているハンディーターミナルなどの業務端末は高価で使いづらいのか、またAndroidデバイスを業務に特化した専用端末化するソリューションについて紹介します。

お店で使う業務専用端末の特徴

レストランに行くと、以前はウェイターやウェイトレスが紙とペンを持ってオーダーを聞きに来ました。それが現在では、専用の端末に変わっています。これは様々な業界で起きていることで、例えば商品を扱う営業では、商品を写真で表示し、拡大や縮小が行えるタブレットタイプの専用端末を使用していたり、保険関連の営業では保険料金の計算に特化した専用端末を使用しています。
レストランの専用端末で言えば、来店者のオーダーをメニューから呼び出し、個数を設定して登録していき、オーダーの一覧画面を参照して来店者にオーダーを確認し、注文を確定すると同時に厨房へオーダーを送るといった業務を専用端末から行えます。これによりオーダーの受注、厨房への発注におけるミスを防ぐとともに、どのテーブルで何が注文されたか、運んでいない商品は何かなどを端末から把握することができます。
また、端末に入力した情報は管理用機器に送られ、店主は1日の売上などの集計を容易に行うことができ、そこから補充すべき在庫などを把握することができます。このように専用端末は、業務に特化したシステムの端末として活用されています。

業務専用端末はなぜ使いにくいのか

業務に対して専用の機能のみを搭載するハンディーターミナルなどの業務専用端末ですが、業務利用されるシーンにおいてあまり高い評価を聞いたことがありません。それは持ちやすさや入力のしやすさといった本体の形状などであったり、バッテリーの持続時間や処理時間、通信時間といった本体の性能面であったり、あるいは必要な機能が足りないといった機能面であったりします。また、端末や修理費用が高額であったり、修理に時間がかかる傾向があります。それは、専用端末であるがゆえの問題なのです。
業務専用端末は、多くの企業が競い合って販売するようなものではなく、業務システムに付随する端末として、少数の専門業者によって製造、販売されています。競合が少ないことから、ハードウェアもソフトウェアも大がかりなバージョンアップはあまり行われず、小規模な更新にとどめられています。
本体の形状においても、大幅な変更はまったく新しい製造ラインが必要になるため投資が大きく、以前からの本体に細かい更新を加えるだけになっているのが現状です。また、性能面においても同様で、大幅なアップデートは行われない傾向にあります。システムについてもほぼ同様です。このため、利用者は不満がありつつも選択肢が少なく、使い続けざるを得ない状況なのです。

より効果的なショップ向け業務専用端末化とは

こういった業務専用端末の現状に対して有効な解決策のひとつが、タブレットやスマホなどのスマートデバイスの専用端末化です。これは主に、Androidデバイスを専用端末として使用する方法です。Androidデバイスはアプリの開発が従来の専用端末に比べて容易で、現場の要望に応じた機能の追加やアップデートも簡単です。また、豊富な通信機能や拡張機能によって、目的に合わせて通信方法を選んだり、USBを使ってプリンターなどの周辺機器を接続することもできます。
また、Androidデバイスは複数のメーカーから豊富な機種が提供されており、安価に入手することができます。高性能化や、バッテリー持続時間も年々延びています。こうしたAndroidデバイスに業務専用端末化のためのアプリを導入することによって、業務に特化した、より使いやすい専用端末にすることができます。しかも、個人的な利用と業務利用を厳格に分けることも可能です。

富士ソフトでは、豊富な開発・導入実績で蓄積されたノウハウにより、業務利用端末を安全で活用性の高い専用端末化に開発・改善し、アプリの制作にも対応します。お客様のニーズを把握し、必要な機能に絞って開発することが可能です。また、専用画面のカスタマイズにも対応し、見やすく使いやすい操作画面をご提供できます。専用端末化アプリの導入を考えているなら、ぜひ富士ソフトにご相談ください。



富士ソフトのAndroidソリューションはこちら

お問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00