System on Chip Technologies MPEG規格コーデック

マルチストリーム特集

昨今、映像のコーデック(エンコード・デコード)の進歩により、4K/8K衛星放送にH.265コーデックが採用されたことで、放送以外の産業でも利用が進んでおります。このコーデック技術の進化は、現在の地上波放送・衛星放送よりも高圧縮・高品質の映像を実現し、高解像度化は、映像をより鮮明にして、臨場感がある映像を実現します。
その関連技術として、ネットワーク網も5Gなどの次世代高速通信網により、インターネット回線を通じて4K以上の映像を配信、受信できる仕組みが整いつつあります。 4K8K FPGAボード特集

マルチストリームとは

半導体やコーデック、ネットワークの進化と高解像度化によって、映像のコーデックの利用がより多様化していくと言われています。一方で解像度はフルHDやそれ以下で、複数の映像を容易に扱いたいというニーズが増えており、マルチストリーム(multistream)技術で実現が可能です。

(※マルチストリームは、マルチチャンネルとも表現される場合がありますが、本内容ではマルチストリームと用語統一します。)

マルチストリーム技術の利用例

①複数の映像を一つの映像として圧縮

4K解像度に対応したエンコーダは、技術的に2K(1080p)映像を4つエンコードすることが可能です。例えば、それぞれ違う方向に向いた4台のカメラ録画の映像を1つのエンコードデータ(ストリーム)にすることで、同じ時間に起きた映像を1つのエンコードデータと記録することが可能です。

①複数の映像を一つの映像として圧縮

②1つの映像を複数の映像にパラメータなどを変更して圧縮

1つの映像を複数の映像に分けてエンコードするニーズは、ネットワークの状態や受信する端末のスペックで送る映像のビットレートやフレームレート、解像度を変えたいという場面であります。例えば、1つの映像を高ビットレートでエンコードする映像(保存用もしくは有線向けの高品質映像)と、Live配信のためビットレートやフレームレート、画面の解像度を落とすことで無線向けの映像として分けてエンコードし、配信する場合です。

①複数の映像を一つの映像として圧縮

③マルチストリーム化されたエンコードデータを複数映像で出力

マルチストリーム化されたエンコードデータをデコード処理とそれぞれの映像に分けて、HDMIやDisplay Port、SDIなどの映像系入出力(接続)ポートを経由して複数のモニタ/画面で再生する。

①複数の映像を一つの映像として圧縮

System-On-Chip Technologies社は、1995年にカナダにあるウィルフリッド・ローリエ大学にてコーデックの実験・研究からスタートし、2005年にSystem on chip Research Laboratoryを立ち上げ、本格的にコーデック製品研究開発を開始しました。2008年に現会社を設立し、「FPGAの特化したコーデック製品開発とそのサービス」、販売まで幅広いビジネスを展開しています。

MPEG規格コーデックIPコア

SOC社のコーデックIPは、低遅延、省電力、小フットプリント、高品質を実現しているIPです。さらにSOC社はお客様の要望にあわせた機能のカスタマイズ(有償)も、マルチストリーム動作を使って短期間で実現することが可能です。

H.264エンコーダIP/デコーダIP ※マルチストリーム対応実装済みコーデック製品

4Kコーデック対応ボード ※マルチストリーム対応実装(搭載)済みコーデック製品

4Kコーデック対応ボード ※マルチストリーム対応実装(搭載)済みコーデック製品

本ボードのSDIポートに4つの違う映像を入力して、本ボード上のマルチストリーム対応エンコーダIPで一つのMPEG TS(トランスポート ストリーム)ファイルを作成することや、そのMPEG TSファイルを本ボード上のマルチストリーム対応デコーダIPで4つに分けて出力することがデフォルトで可能です。

お問い合わせはこちらから

組み込み製品・システム開発関連はもちろん、価格などについてもご相談があれば、
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合、お電話でのお問い合わせも承っております。
TEL:050-3000-2102(エンベデッドソリューション推進部)までご連絡ください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!