コーデック特集

おすすめの動画コーデック・ビデオコーデック・映像コーデック

最高の4K/8K動画を実現する
H.264(MPEG-4 AVC)コーデックとH.265(HEVC)コーデックとは

動画(ビデオ)コーデック・映像コーデックの種類には、MPEG規格(MPEG4やH.264/AVC、H.265/ HEVC)・JPEG200・AV1などがあります。コーデック(Codec)とは、直訳すると圧縮(符号化)/伸長(復号化)を意味します。実際には符号化するエンコーディング(Encoding)と復号化するデコーディング(Decoding)、双方向に変換できるトランスコーディング(Transcoding)があります。またその機能をそれぞれエンコーダ(Encoder)とデコーダ(Decoder)、トランスコーダ(Transcoder)と言います。動画(ビデオ)・映像コーデック以外にも、Bluetoothコーデック・音声コーデック・オーディオコーデック・画像コーデックもあります。ここでは主に動画コーデック・映像コーデック・ビデオコーデックについてご紹介します。

4K/8KはTV放送だけでなく、5Gの普及によって自動車やマニピュレータ、監視カメラ、ドローン等を使った遠隔地からのインタラクティブな操作、YouTubeやNetflix、eスポーツ(※1)や2020/2021年のスポーツやエンターテインメントでパブリックビューイングや新型コロナ対策の 3密を考慮した配信サービスのニーズがあります。他にも、音楽ライブや高解像度でのVR(仮想現実)の実現そしてAI技術(ディープラーニングなど)を使った新たな監視社会に向けたシステムなどといった利用法も実現するのではないでしょうか。
また、デジタル化によって進化したICT(情報通信技術)によりDX(デジタルトランスフォーメーション)というデータ主導型のビジネスやシステムの発展には映像コーデックによる高映像圧縮、超低遅延処理が不可欠となります。
ハイビジョンをはるかに上回る高画質の4K/8K動画は、画素数や色調が大幅に拡大し、表示速度も速くなります。当然、データ量もサイズも膨大なものになります。そこで注目されるのがエンコーダ(Encoder) やデコーダ(Decoder) といったコーデック技術です。コーデックとは、膨大なサイズになる映像データや音声データを圧縮・復元するためのアルゴリズムです。つまり、大きなサイズのデータを配信したり送受信する際にストレージやネットワークに負荷をかけないよう、エンコード(データを他の形式に変換すること)とデコード(変換されたデータを元の形式に戻すこと)を行うことをいいます。
通常の圧縮(復元すると元データと同じデータとなる:可逆圧縮)であると圧縮率は限られてしまうため、映像圧縮には、それにあった圧縮方法(復元すると元データと違うデータとなる:非可逆圧縮)が利用されます。
小さいデータサイズに圧縮したものを復元する際に重要視されるのは、元の画質や音質を人間の目で見ても、耳で聞いても劣化を気にしない程度で再生できることです。
「H.264(MPEG-4 AVC)」や「H.265(HEVC)」、「AV1(AOMedia Video )」をはじめ、現在コーデック(codecs)の種類は多数あり、一昔前と比較すると高圧縮率で高画質の技術が続々と登場しています。
4K/8Kやコーデック技術(エンコーダー/デコーダー)に関しては、「超低遅延4K/8Kコーデックが導く、新時代の映像インタラクティブの実現」でも説明しています。また新型コロナの影響で新たな形のエンターテイメントの実現にも利用されると思われます。
富士ソフトでは、超低遅延・高圧縮・高解像度の4K/8Kソリューションを、FPGA向けのIPおよびボードソリューションとして展開しています。

また、5G時代を迎え、リアルタイムに映像を配信できる超低遅延コーデック(codecs)にも注目が集まっています。リアルタイムで映像を遠隔地に送ることで、運転補助、マニピュレータ操作、医療などを実現場には人がいなくとも動かすことがが可能となります。 一方で、低遅延を実現しつつMPEG規格の映像圧縮を最大限利用して、少ないデータ量でも映像を綺麗にする放送機器向けのコーデックIPも必要とされています。
富士ソフトでは、720pや1080p、フルHD、4K/8Kの解像度を、超低遅延で実現したコーデックIPと、低遅延で放送品質のコーデックIPをIP単体およびボードソリューションとしても展開しています。

※コーデックに関して詳しく知りたい方は、コーデックの基礎知識をご参照ください。

製品特徴(コーデックの種類)から探す

4K/8Kコーデック

高画質の4Kや8K動画を伝送するためには、より圧縮率の高いコーデックが必要となります。4KまでサポートできるH.264(MPEG-4 AVC)や、さらに8KまでサポートできるH.265(HEVC)が注目されています。富士ソフトでは、4K/8K解像度対応のエンコーダ 及びデコーダ IPや、コーデックIPが実装された種類のFPGAボードをご提供しております。

問合せが多い製品

4K/8Kコーデック製品について詳しく見る

超低遅延コーデック

5Gの到来により低遅延通信が可能となったことで、車や工作機、マニピュレータ、医療機器などを遠隔操作するニーズが高まっております。この影響を受け、映像をリアルタイムに配信できる超低遅延コーデックに注目が集まっています。富士ソフトでは、720pや1080p、フルHD、4K/8Kの解像度を、超低遅延で実現するコーデックIPをご提供しております。

問合せが多い製品

超低遅延コーデック製品について詳しく見る

IBBP対応の低遅延コーデック(放送業界向け)

放送業界では、映像データを少なくするために、遅延を犠牲にして映像量を削減するコーデックが求められております。富士ソフトでは、低遅延で放送品質実現するコーデックIPをご提供しております。

問合せが多い製品

低遅延コーデック製品について詳しく見る

4K/8K、低遅延・超低遅延コーデック特集
に関するお問い合わせはこちらから

組み込み製品・システム開発関連はもちろん、価格などについてもご相談があれば、
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合、お電話でのお問い合わせも承っております。
TEL:050-3000-2102(エンベデッドソリューション推進部)までご連絡ください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!