H.264 4K Video/Audio Encoder IP Core

H.264 4K Video/Audio Encoder IP Core

概要・特長

H.264 4KのエンコーダIPコアはXilinxおよびIntelのFPGAに対応し、エンコーダは、60fpsで最大4K(3840×2160)の解像度をサポートします。パラメータは、ユーザAPIにより実行時で設定可能です。
特徴として、標準版以外に2つのバージョンを提供することが可能です。イントラのみ版と、インターフレーム・スリム版で、IPコアとして提供可能です。
イントラのみ版は、標準版のビットレートの約2倍のサイズと引き換えに、FPGAのロジックを標準版と比べて1/3にするものです。
インターフレーム・スリム版は、最大1/2のFPGAロジックサイズにしますが、これはローエンドデバイスに合せる、もしくは極めてロジックリソースを圧迫しているシステムに利用します。スリムバージョンは、高いビットレートを受け入れられる高いネットワーク帯域でのアプリケーションに合います。この出力ビットレートは、標準版よりも約20%大きくなります。

仕様

  • 規格: H.264/AVC (ISO/IEC14496-10)
  • ビデオエンコーダプロファイル: Up to High Profile
  • レベル: 5.2
  • 出力ビットレート: 20-400 Mbps
  • ビデオ解像度: Up to 4K (3840 × 2160)
  • フレームレート: Up to 60fps
  • 画像フォーマット: 4:2:2 or 4:2:0
  • 画素深度: 8-bit もしくは 10-bit
  • 出力フォーマット: H.264 Elementary stream, もしくは Transport Stream
  • ビデオ入力フォーマット: RGB、YUV、YCrCb
  • オーディオサポート: AAC もしくは MPEG-2 Layer-II
  • レイテンシー: 0.5ms
  • 電力消費量: 1300 mW (core only)

製品構成

対応デバイス、対応OS

FPGAs: Intel および Xilinx

ロジックリソース

Intel
ALMs: 30,000
Block RAMs: 7,000 kbits
DSPs: 310
Example FPGAs: Artix-7, Kintex-7

Xilinx
LUTs: 133,000
Block RAMs: 12,700 kbits
DSPs: 344
Example FPGAs: Artix-7, Kintex7

※AudioはARM CPU向けもしくはDSP(BK512)向けでの提供となります。

提供物

  • IP Core (暗号化されたRTL)
  • ドキュメント

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

System-On-ChipのH.264 4K Video/Audio Encoder IP Core
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00