Stereo Vision IP Suite

FPGA向けステレオビジョン

要求仕様

  • 少量多品種の製品でも実装したい(低コスト、低電力)。
  • プラットフォームとしての共通化が必要。かつアプリケーションに合わせて後段の処理をカスタマイズしたい。

富士ソフトからの提案

  • 車載ステレオカメラ研究の第一人者である、東京工業大学 實吉敬二准教授が開発した信頼と実績のアルゴリズムを搭載。
  • Stereo Visionアルゴリズムの並列実行によりMPU、DSPに比べ高フレームレートの処理を低電力で実現。
    ⇒コンパクトな25.6K ALMs(67.7K LE)のロジックサイズで、物体検知を含み1280x720/30fps, VGA/60fpsを実現。
  • モジュラー設計、Avalon-STI/Fに対応。
ブロック図

富士ソフトの開発担当範囲

ステレオカメラを実装した距離測定センサのハードウェア・ソフトウェアの開発

担当範囲[ハードウェア] 物体検知IP、物体追跡IP、FPGA設計、試験
[ソフトウェア] ドライバ、制御アプリケーション
主要技術電子回路、RTL言語、C言語
回路設計FPGA
FPGA設計各種コントローラー
ドライバ開発PCドライバ
アプリケーション開発 距離測定センサの制御アプリ

こんな製品が使われています

Cyclone® V SoC FPGA

アルテラ

アルテラ

会社名
インテル プログラマブル・ソリューション事業本部(旧アルテラ)
所在地
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ
設立
1983年
事業内容
プログラマブル・ロジック・ソリューション
主力製品
FPGA、SoC、CPLD開発ソフトウェア、IP
ウェブサイト
https://www.altera.co.jp/
富士ソフトはアルテラのアルテラ認定開発パートナーです。

お問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00