H.264 HD Video/Audio Encoder IP Core

H.264 HD Video/Audio Encoder IP Core

概要・特長

H.264/AVC HDエンコーダIPコアは、HD映像もしくは映像・音声データのリアルタイムエンコーダです。シングルコアは、60fpsで最大1920×1080の解像度、最大120fpsをエンコードすることが可能です。
30fpsと60fpsのレイテンシーは、それぞれ0.25msそして0.125msで、入出力の間で超低遅延を実現します。コアは、非常に小さいフットプリントと超低電力によってとても少ないFPGAリソースの利用だけに最適化されています。SOC社のIPコアの実現する効率性は、低電力重視の電子機器や大規模な処理を必要とする装置に理想的です。
特徴として、標準版以外に2つのバージョンを提供することが可能です。イントラのみ版と、インターフレーム・スリム版で、IPコアとして提供可能です。
イントラのみ版は、標準版のビットレートの約2倍のサイズと引き換えに、FPGAのロジックを標準版と比べて1/3にするものです。
インターフレーム・スリム版は、最大1/2のFPGAロジックサイズにしますが、これはローエンドデバイスに合せる、もしくは極めてロジックリソースを圧迫しているシステムに利用します。スリムバージョンは、高いビットレートを受け入れられる高いネットワーク帯域でのアプリケーションに合います。この出力ビットレートは、標準版よりも約20%大きくなります。

仕様

  • 規格: H.264/AVC (ISO/IEC14496-10)
  • プロファイル: Up to High Profile
  • レベル: Up to 5.2
  • 解像度: SD (NTSC and PAL), HD 720, HD 1080
  • フレームレート: up to 120fps on FPGA
  • フレームタイプ: I-frame only version, I + P frame version
  • 画像フォーマット: 4:2:0, 4:2:2
  • 画像深度: 8-bit and 10-bit
  • 入力フォーマット: RGB, YUV
  • 出力フォーマット: H.264 Elementary, Transport Stream
  • レイテンシー: 0.25 ms
  • ビットレート: Constant (CBR), Variable (VBR)
    Avg. 10Mbps (1080p @ 30fps) with very good picture quality.
  • 電力消費量: XILINX Spartan-6 FPGAsで700mW (core only)
    (ASICにマップするよりも大幅に少ない)

製品構成

対応デバイス、対応OS

FPGAs: Intel および Xilinx

ロジックリソース

Intel
ALMs: 60,000
Block RAMs: 5,000 kbits
DSPs: 310
Example FPGA: Cyclone V 5CEA9

Xilinx
LUTs: 90,000 (45,300 for slim version)
Block RAMs: 7,000 kbits
DSPs: 318 (71 for slim version)
Example FPGAs: Spartan-6, Artix-7 A200T

※AudioはARM CPU向けもしくはDSP(BK512)向けでの提供となります。

提供物

  • IP Core (暗号化されたRTL)
  • ドキュメント

ライセンス形態

  • IP Coreライセンス(指定FPGA対応)
  • ロイヤリティ(製品1台あたり)
  • 技術サポート(有償)

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

System-On-ChipのH.264 HD Video/Audio Encoder IP Core
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00