QNX OS for Safety

QNX OS for Safety

概要・特長

QNX® OS for Safety(安全用QNX® OS)は2つの機能安全規格 ISO 2626(ASIL D)とIEC 61508 (SIL3)への準拠が評価されています。これは、自動車、産業オートメーション、医療、発電、鉄道輸送を含む各種市場において最も厳しい機能安全要件を満たすセーフティクリティカルシステムをアプリケーション開発者が構築できる信頼性の高いプラットフォームを提供します。この前身は自動車安全用QNX OSです。
QNXは、機能安全性の認証において幅広い経験があります。ほとんどのQNX製品の基盤を成すQNX® Neutrino® RTOSは、リアルタイムのセーフティクリティカルシステムの開発の長い歴史を持ち、広く適用されているIEC 61508とISO 26262を含め、多数の国際機能安全規格への準拠を認証されています。
安全用QNX OSは、安全と品質の持続可能な開発における国際的リーダーであるTUV Rheinlandによって認証されます。

利点

  • 安全状態のデザイン
  • 切り離し
  • スケジュールの予測可能性
  • 時間的分離
  • 事前承認済み
  • 標準製品と全く同じAPI
  • 認定ツールチェーン

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

QNXのQNX OS for Safety
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00