QNX Hypervisor

QNX Hypervisor

概要・特長

QNX Hypervisorは、リアルタイム コネクテッド 組み込みシステム用のタイプ1仮想化ソリューションです。QNXハイパーバイザーを使用することで、組み込み開発者は複数のオペレーティングシステムを1台のコンピュータープラットフォームまたはシステムオンアチップ(SoC)に統合し、システムデザインのコスト、サイズ、重量、消費電力を低減しながら、クリティカル アプリケーションと汎用アプリケーションの明確な分離と切り離しを行うことができます。
QNXハイパーバイザーは、システムアーキテクトと機器メーカーが安全でセキュアに複数オペレーティングシステムを互いからセキュアに切り離して1台のハードウェアプラットフォームに実装できるようにすることで、製品の全体的コストを大幅に削減できます。

利点

  • 仮想マシン用の共有および直接デバイス割り当て
  • 非修正オペレーティングシステムを実行するフレキシビリティ
  • リアルタイムとセーフティクリティカル ・アプリケーションをLinux/Androidアプリケーションから切り分ける
  • システム構成とリソース割り当ての簡素化
  • 高速VM間通信チャネル

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

QNXのQNX Hypervisor
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00