組み込み開発:技術語り

Androidアプリ開発

Androidの業務専用端末化でコストダウン

  • Android
  • アンドロイド
  • 組み込み
  • 開発

様々な業種、業界で活用されている業務専用端末。業務に特化した専用端末のため業務の効率化は見込めますが、一方で導入や維持、メンテナンスなどにコストがかかりがちです。そこで注目を集めているのが、Androidタブレットを業務の専用端末化する手法です。ここでは、Android端末を業務の専用端末化するメリットをコストの面から見てみましょう。

業務専用端末のコスト問題

特定の業務に特化した専用端末は、専用に開発されただけあって業務の効率化に非常に有効です。例えば、ハンディターミナルなどと呼ばれるレストランなどで使用される専用端末では、お客様からの受注の際にメニューを呼び出して数量を設定し、注文が確定するとその場で厨房にオーダーを入れることができます。
また、建築の現場であればカメラやメールといった機能を搭載し、その場で現場の状況をカメラで撮影して事務所などに送ったり、部品などを注文することも可能です。保険業務などでは、保険料の算出に特化した計算機能が搭載されていたり、ネットワーク機能で保険料金の一覧表などを呼び出すこともできます。宅配事業などではプリンターを搭載し、その場で領収書の発行ができたり、カードリーダーを搭載してその場で決済が行えるようになっています。
しかし、特定の業種に特化したハンディターミナルなどの専用端末は、少量生産のため端末の単価が高く、メンテナンス費用も安くはありません。特に故障したときなどは部品の調達などの要因で時間がかかったり、修理費用も効果になる傾向があります。業務の効率化と導入、維持のコストのバランスが難しいところです。

Androidを業務専用端末化するコストメリット

最近では、スマートデバイスを専用端末化するケースが増えてきました。AndroidやiOSデバイスはアプリの開発が容易である上に、Wi-Fiやキャリアのインターネット回線、VPN、Bluetoothなど多くの無線通信機能を搭載しています。特にAndroidデバイスはUSBポートを搭載しているため、多彩な周辺機器を接続することができます。
一般的なAndroid端末でも、業務に特化したアプリと専用の周辺機器を接続することで、すぐに業務に利用することも可能です。例えば、レストラン向けのアプリがあれば、メニュー管理や注文管理機能によって受注からオーダー、あるいは在庫管理まで行うことができます。さらに、クレジットカードを読み込むためのリーダーを接続して決済処理を行ったり、プリンターを接続してレシートを発行することもできます。
Androidタブレットは機種が豊富なため単価も安くなっており、専用端末と比較して大きなコストダウンが可能になります。また、機能はアプリで追加でき、アプリは安価な月額料金で利用できます。さらに、多くのメーカーや販売店で取り扱っているため、万一の修理の際も短期で行うことができます。スマートデバイスは専門の業務に対して非常に相性がいいといえます。

信頼できるSIerへの依頼で増すメリット

スマートデバイスは入手が容易であり、業務への利用も簡単に行えるため、セキュリティの面では不安もあります。操作が容易なため、紛失や盗難などで悪意のある人間の手に渡ってしまうと、様々な悪意のある操作を行われ、金銭的な被害を受けたり、情報漏えいによってお店のブランドが失墜するといったリスクもありますので、システム的な対策も必要です。
そこで最近注目されているのが“専用端末化”です。これは文字通りに、Androidデバイスを専用端末として必要な機能のみに絞るという方法です。例えば、端末へのログインに多要素認証を採用したり、業務用アプリしか起動できないようにする、GPSなどを活用した紛失対策を搭載するといったことも容易に行えます。
富士ソフトでは、豊富な開発・導入実績で蓄積されたノウハウにより、安全で活用性の高い専用端末化アプリの制作にも対応します。お客様のニーズを把握し、必要な機能に絞って開発することが可能です。また、専用画面のカスタマイズにも対応し、見やすく使いやすい操作画面をご提供できます。専用端末化アプリの導入を考えているなら、ぜひ富士ソフトにご相談ください。



富士ソフトのAndroidソリューションはこちら

お問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00