XUPPL4

XUPPL4

概要・特長

QSFP 2個搭載 Xilinx UltraScale+ロープロファイルPCIe x16ボード

XUPPL4は、Xilinx Virtex UltraScale+ FPGAをベースにしたロープロファイルPCIe x16カードです。このボードは、フロントパネルに2つのQSFPケージ(100Gbps(4×25)(100GbEを含む))を搭載しており、最大32GByteのメモリ構成を備えています。XUPPL4には、システム監視用のBoard Management Controller (BMC)も組み込まれているため、プラットフォームの統合と管理が大幅に簡素化されます。

ブロック図

仕様

■FPGA
  • Xilinx Virtex UltraScale+ VU3P

■オンボードメモリ
  • 最大16GB DDR4(x72)の2つのバンク
  • FPGAをブートするためのフラッシュメモリ

■PCIeインタフェース
  • x16 Gen1、Gen2、Gen3インタフェースをFPGAに直接接続
  • x8 Gen4 to FPGA

■USBヘッダー
  • BMCアクセスおよびプログラミング用のマイクロUSBポート(USB 2.0)

■QSFPケージ
  • フロントパネルの2個のQSFP28(zQSFP)ケージは、8個のトランシーバを介してFPGAに直接接続
  • それぞれ100GbE、40GbE、4x 25GbE、または4x 10GbEをサポート
  • QSFPと互換性があり、オプションでSFP +にも対応

■タイムスタンプ
  • 1PPS入出力
  • 基準クロックの入出力

■ボード管理コントローラ

提供物

XUPPL4ボード

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

BittWareのXUPPL4
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00