XilinxとIntel(Altera)対応FPGA評価ボード特集

FPGAボードとは

FPGAとは「Field Programmable Gate Array」の略です。日本語で意訳するならば「ユーザー(エンジニア)がデバイス(半導体/IC)の入手後、開発現場で書き換えることができる論理回路の多数配列(ゲートアレイIC)」です。「インテル(Intel) ※旧アルテラ(ALTERA)」社と「ザイリンクス(XILINX)」社が有名です。Intelでは、Stratix、Arria、MAX10がよく知られており、XILINXはVirtex、Airtix、Kintex、Spartan、Zynqがよく知られています。ここでは、入門者・中級者向けから特定用途向けまでのおすすめのFPGA評価ボード・開発ボードをご紹介します。

ご希望のFPGAボードがすぐに見つかるFPGAボードセレクションガイド

評価ボードに搭載しているFPGAや周辺I/Fが一目で分かるため、ご希望のFPGAボードがすぐに見つかります 。

取り扱いFPGAボードメーカー

各社ボードメーカーはXilinx FPGAとintel FPGAを搭載したFPGA評価ボードを多数取り揃えています。

取り扱いFPGA

Intel(インテル)ではStratixやArriaやMAX10、Agilexなど、Xilinx(ザイリンクス)はUltrascaleやZynq、Versalなど多数取り扱っています。

用途別FPGAボード検索

用途別にFPGAボードの絞り込み検索ができます。

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!