IoTインテグレーター 富士ソフトが扱う

Xilinx 対応 FPGAボード

Xilinx対応 FPGAボード

Xilinxは、プログラマブルデバイスとして、FPGA、SoC、MPSoC、また3DICを提供するFPGAデバイスベンダーです。Xilinx FPGAを搭載したFPGAボードを提供するベンダーは、 その熟練された技術を凝縮した製品を開発し、提供しています。 また、同社の「ザイリンクス アライアンス プログラム」に、エコパートナーとして認定されたベンダーが提供するプロダクト・ソリューションは、プロトタイプ開発、製品開発、評価、ターンキー提供に至るまでユーザーの開発をサポートします。

HiTech Global

HiTech Global社の主力製品は、IPコア、プロトタイプ基板、アプリケーション用DSP、処理、映像など各種モジュール、特定用途向けシステム、ソフトウェア/ドライバ、設計ツールの開発およびインテル(アルテラ)製FPGAとザイリンクス製FPGAでの評価。Xilinx対応FPGAボードは、FMC、Z-RAYなどの拡張モジュールを接続でき、高い拡張性と柔軟性を持った開発が実現できます。ZYNQ®、UltraScale™、UltraScale+™などのFPGAを実装したFPGAボードは、様々なアプリケーション、いかなる開発工程でも活用することができるプラットフォームです。HiTech Global社のボード開発に必要なXilinx製USBプログラミングケーブルなどの部品も提供しています。

MORE

BittWare

BittWare社は、ネットワークパケット処理(NPP)、高性能コンピューティング(HPC)、また大規模かつ多量の信号処理(SP)を行うアプリケーションをターゲットとしたアクセラレーションボード、COTS(commercial off-the-shelf)ボードを得意とするメーカーです。Xilinx対応FPGAボードは、ユーザーのニーズを完全に網羅するFPGA PCIeボードであり、ハイエンドのFPGAを搭載。優れた開発生産性と比類なきパフォーマンスを提供します。ZYNQ®、UltraScale™、UltraScale+™といったFPGAを実装したFPGAボードは、コミュニケーション、アクセラレーション、データセンターなどのネットワーク開発に最適なプラットフォームです。

MORE

Xilinx対応 FPGAボード【HiTech Global社】

HiTech Global社はXilinx(ザイリンクス)FPGAを搭載したFPGA評価ボードを開発。Xilinx(ザイリンクス)対応のFPGA評価ボード(開発キット)は、電子部品、回路、またはソフトウェアの評価が行えるだけでなく、FMC、Z-RAYなどの拡張モジュールを搭載することで、高い拡張性と柔軟性を実現しました。組み込み(エンベデッド)製品の価格(値段)・資料・サポートサービスついては、富士ソフト組み込みサイトにお問い合わせください。各製品の仕様やパーツナンバー、付属品(電源等)などについては詳細ページでご確認ください。

HTG-K800
HTG-K800

Xilinx Kintex® UltraScale™ FPGA KU060、KU085、KU115 FPGAに対応し、幅広い種類の拡張モジュールに対応するPCI Express FPGA開発ボード。

HTG-K816
HTG-K816

Xilinx Kintex® UltraScale™ KU035、KU040、KU060 FPGAに対応したハーフサイズの汎用PCI Expressフォームファクタの開発ボード。

HTG-830
HTG-830

Xilinx Virtex® UltraScale™ FPGA、またはXilinx Kintex® UltraScale™ FPGAを搭載することが可能で、さまざまなプログラマブルアプリケーションに対してゲート密度を幅広く選択できるFPGA開発ボード。

HTG-K700
HTG-K700

Xilinx Kintex®-7 K325T、K410T FPGAに対応したハーフサイズのPCI Expressフォームファクタの汎用FPGA開発ボード。

HTG-828
HTG-828

Xilinx Virtex® UltraScale™ VU080、VU095、VU125、VU160、VU190 FPGAに対応した100Gbpsネットワーク対応のFPGA開発ボード。

HTG-703
HTG-703

Xilinx Virtex®-7 X415T、X690Tを搭載したFPGA開発ボード。

HTG-710
HTG-710

Xilinx Virtex®-7 V2000T、V585、X690T FPGAを搭載。CXPポートを装備し、100Gbpsを超えるマルチポートデータ転送が要求されるハイエンドネットワークアプリケーションに最適なFPGA開発ボードです。

HTG-712
HTG-712

Xilinx Virtex®-7 V2000T、V585T、X690Tに対応。120Gbpsを超えるデータ転送にも対応するハイエンドネットワークFPGA開発ボード。

HTG-728
HTG-728

Xilinx Virtex®-7 H580Tが搭載されたPCI Express Gen3 16レーン対応の100GbpsネットワークFPGA開発ボード。

HTG-600
HTG-600

Xilinx Virtex®-6 LX550T、LX240T、LX365T、SX475T、SX315Tを搭載したPCI Expressボード。

HTG-616
HTG-616

Xilinx Virtex®-6 HX380T、HX565T FPGAに対応した光ネットワークカード、PCI Express Gen2 16レーン(64Gbps raw data throughput)、SFP+(2ポート)とQSFP+光コネクタ(2ポート)、最大16GBのDDR3 SO-DIMM、QDR II(オプション)、11.18 Gbps/6.6 Gbpsシリアルポート(各10個)にアクセス可能で様々な用途に活用できます。

HTG-540
HTG-540

Xilinx Virtex®-5 TX240T FPGAに対応し、高性能・高密度ネットワークのデザインに最適なプラットフォーム。

HTG-840
HTG-840

現状のXilinx Virtex® UltraScale™ FPGAで最大のロジックセル数を有するXilinx Virtex® UltraScale™ VU440に対応したPCIeフォームファクタのFPGA開発ボード。

HTG-700
HTG-700

Xilinx Virtex®-7 FPGAを搭載した汎用のFPGA開発ボード。搭載できるFPGAはXilinx Virtex®-7のV585T、VX690T、V2000Tと幅広く対応しています。

HTG-847
HTG-847

市場で最大密度のFPGAを4つ搭載した、ASIC / SoCのエミュレーションとプロトタイピングに最適なプラットフォーム。

HTG-747
HTG-747

HTG-747はXilinx Virtex®-7 V2000T FPGAを4つ搭載した、ASIC/SOCのエミュレーションとプロトタイピングに理想的なプラットフォームです。

HTG-777
HTG-777

Xilinx Virtex®-7 V2000T、X690T、V585T FPGAに対応した小型のFPGA開発ボード。大規模ロジックやメモリが求められるFPGA開発に適しています。

HTG-Z100
HTG-Z100

市場で最大密度のFPGAを4つ搭載した、ASIC / SoCのエミュレーションとプロトタイピングに最適なXilinx Zynq SoCを搭載したFPGA評価ボード。

HTG-9100
HTG-9100

Xilinx Virtex® UltraScale™ VU095、VU160、VU190に対応した100Gbps通信ネットワーク向けの開発ボード。

HTG-707
HTG-707

Xilinx Virtex®-7 X485T、X690T、V2000T FPGAに対応し、10/40/100Gbpsサブシステムの構築に必要なもっとも基本的な機能ブロックを提供する開発プラットフォーム。

Xilinx対応 FPGAボード【BittWare社】

BittWare社が開発したXilinx対応の FPGAボードは、ハイエンドのFPGAデバイスを中心に据え、高速な通信インターフェース、高速で大容量のメモリを搭載。大量のデータフローとパケット処理を必要とするシステムに、高性能、高帯域幅、および低遅延時間を提供します。ネットワーク処理およびセキュリティ、アクセラレーション、ストレージ、計測機器、放送機器、その他のエンド・マーケットの幅広いアプリケーション開発および試作、電子工作などに最適です。各製品の仕様やパーツナンバー、付属品(電源等)などについては詳細ページでご確認ください。

評価ボードでFPGAの検証を低価格に!

ハードウェアの仕様によって開発要素は様々です。想定される性能や回路規模、または外部とのインターフェースの種類や数などによって無数に広がってしまいます。
FPGA評価ボードを使うことで、様々な回路構成や性能、または回路の規模などを何度でもVHDLやVerilog-HDLといった言語を使用してプログラミングし、実際のハードウェア(HW)として試す(比較する)ことができます。つまり、プログラミングによって、簡単にハードウェア構成の修正や変更などを随時行いながら最適な回路構成を決めることができます。
また、各種インターフェースの評価も、FMCモジュールが使えるコネクタが付いていれば、使用するインターフェースのモジュールに付け変えることで各種様々なインターフェースの評価が可能になります。このような、開発・評価段階での高い自由度は、それぞれの条件で評価用の試作機を設計・製作することを考えれば、結果的には価格に大幅なメリットがあるだけでなく、短期間での開発・評価が同時に実現できるわけです。このように様々な種類のFPGAが選べて、かつ各種インターフェースのモジュールが使えるFPGA評価ボードは、開発・評価の価格において大きなメリットがあると言えます。

おすすめのFPGA評価ボードとは

FPGA評価ボードのメリットは、何度でも自由に回路構成を組むことができて、かつそれを高速で動作させることができるということです。しかし、目的によっては性能よりもコスト(価格)を抑えるデザインにしたいとか、その逆のとにかく高性能な回路構成を実現したいとか、様々な要求があります。また例えば、非常に高速なインターフェースが必要な場合や、低速だがとにかくたくさんのインターフェースが必要な場合もあるかもしれません。結局のところ、おすすめのFPGA評価ボードというのは、目的によって変わってきます。開発対象の仕様に沿ってインターフェースが対応できることや、全体的な回路規模を想定した上で適切なFPGAやインターフェースが使える評価ボードを選ぶということが選択肢の一つではないでしょうか?

Xilinx対応 FPGAボード
に関するお問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00