IoTインテグレーター 富士ソフトが扱う

Intel(Altera)対応 FPGAボード

Intel(Altera)対応 FPGAボード

Intel(Altera)は、プログラマブルデバイスとしてFPGA、SoC、CPLD、x86アーキテクチャのIntel(Altera)プロセッサ、またEnprion電源ICを提供する半導体デバイスベンダーです。Intel(Altera) FPGAを搭載したFPGAボードを提供するメーカーは、そのIntel(Altera)デバイスの設計に精通しており、高品質で最新技術を取り込んだ製品を提供しています。回路規模が大きく、高速トランシーバも搭載しているため高速処理を求められるハイエンドのアプリケーションに最適なデバイス「Stratix®」シリーズや、性能・消費電力・価格において、Stratix®シリーズとCyclone®シリーズの中間に位置するミドルエンドのデバイス「Arria®」シリーズなどで知られています。一部のベンダーはインテルの「デザイン・ソリューション・ネットワーク(DSN)」に認定され、ユーザーの製品開発の期間短縮や、開発リスクの低減を製品提供を経てサポートしています。

HiTech Global

HiTech Global社のIntel (Altera)対応 FPGAボードは、FPGAデバイスに実装したロジックの評価・開発は勿論のこと、その最大の特長は高い拡張性と柔軟性を備えた多彩なモジュールをコネクタ接続できることです。業界標準の Vita57 FPGAメザニン FMCコネクタとZ-RAYコネクタを搭載したArria® 10、Stratix® V、Stratix® 10 実装のFPGAボードによって、フレキシブルなFPGA開発を行うことができます。

MORE

BittWare

BittWare社のIntel(Altera)対応FPGAボードの特徴は、ユーザのニーズを完全に網羅するFPGA PCIeボードであり、ハイエンドのFPGAを搭載。優れた開発生産性と比類なきパフォーマンス、そしてIntel(Altera)社の優れたソフトウェア開発環境に対応した製品を提供します。Arria® 10、Stratix® V、Stratix® 10 といったFPGAを実装したFPGAボードは、大量のデータを高速にやり取りする必要があるシステムに活用でき、アクセラレーション、セキュリティなどのサーバーアプリケーションに適したプラットフォームです。

MORE

Intel(Altera)対応 FPGAボード【HiTech Global社】

HiTech Global社はIntel (Altera)のFPGAが搭載されたFPGA評価ボードを開発。Intel (Altera)対応のFPGA評価ボードは、電子部品、電子回路(IC)、またはソフトウェアの評価が行えるだけでなく、高い拡張性と柔軟性を備えた多彩なモジュールが揃っています。HiTech Global社のボード開発に必要なIntel (Altera)製USBプログラミングケーブルなどの部品も提供しています。各製品の仕様やパーツナンバー、付属品(電源等)などについては詳細ページでご確認ください。組み込み製品の価格や資料・サポートについてはお問い合わせください。

Intel(Altera)対応 FPGAボード【BittWare社】

BittWare社が開発したIntel(Altera)対応の FPGAボードは、ハイエンドのFPGAデバイスを中心に、ミドルエンドのデバイスまでをラインナップ。ハイパフォーマンスコンピューティングに適しており、高頻度取引(HFT)、軍事・防衛・宇宙などのセキュアな通信が必要なアプリケーション、アクセラレーション・ストレージ・ブロードキャストといったネットワーク処理に対して高帯域、低遅延、かつ電力効率が高い性能を提供します。また、OpenCLのサポートにより、ソフトウェア開発のような高度なフローが可能になり、FPGA開発を大幅に簡素化することも可能です。各製品の仕様やパーツナンバー、付属品(電源等)などについては詳細ページでご確認ください。

評価ボードでFPGAの検証を低価格に!

ハードウェアの仕様によって開発要素は様々です。想定される性能や回路規模、または外部とのインターフェースの種類や数などによって無数に広がってしまいます。
組み込み機器に最適なFPGA評価ボードを使うことで、様々な回路構成や性能、または回路の規模などを何度でもVHDLやVerilog-HDLといった言語を使用してプログラミングし、実際のハードウェア(HW)として試す(比較する)ことができます。つまり、プログラミングによって、簡単にハードウェア構成の修正や変更などを随時行いながら最適な回路構成を決めることができます。
また、各種インターフェースの評価も、FMCモジュールが使えるコネクタが付いていれば、使用するインターフェースのモジュールに付け変えることで各種様々なインターフェースの評価が可能になります。このような、開発・評価段階での高い自由度は、それぞれの条件で評価用の試作機を設計・製作することを考えれば、結果的には価格に大幅なメリットがあるだけでなく、短期間での開発・評価が同時に実現できるわけです。このように様々な種類のFPGAが選べて、かつ各種インターフェースのモジュールが使えるFPGA評価ボードは、開発・評価の価格において大きなメリットがあると言えます。

おすすめのFPGA評価ボードとは

FPGA評価ボードのメリットは、何度でも自由に回路構成を組むことができて、かつそれを高速で動作させることができるということです。しかし、目的によっては性能よりもコスト(価格)を抑えるデザインにしたいとか、その逆のとにかく高性能な回路構成を実現したいとか、様々な要求があります。また例えば、非常に高速なインターフェースが必要な場合や、低速だがとにかくたくさんのインターフェースが必要な場合もあるかもしれません。結局のところ、おすすめのFPGA評価ボードは、目的によって変わってきます。開発対象の仕様に沿ってインターフェースが対応できることや、全体的な回路規模を想定した上で適切なFPGAやインターフェースが使える評価ボードを選ぶということが選択肢の一つとなります。

FPGA入門

昨今のFPGAのトレンドは、CPUコアを内蔵した「SoC FPGA」です。これまでFPGAはどちらかというとASICやASSPであるCPUの補助処理や、高速、多量な処理というコンパニオンチップという位置づけで、CPUにはできない部分をハードウェア処理をするという位置づけでした。しかしながらこの2チップ構成にすると、CPUとFPGA間のインタフェースを設計する必要がある、基板の実装面積が増えてしまうなどの課題もありました。またマーケットのニーズから、ハードウェアだけで表現できない複雑なアプリケーション(例えばGUIや様々なネットークプロトコルなど)をある程度の性能を保有したCPU上のソフトウェアで実装する必要があり、満を持して『SoC FPGA』が登場したのです。これはARMを搭載したFPGAで、「インテル(Intel) ※旧アルテラ(ALTERA)」社の製品では『Cyclone® V SoC』や『Arria® 10 SoC』、「ザイリンクス(XILINX)」社の製品では『Zynq®-7000 SoC』や『Zynq® UltraScale+™ MPSoC」があります。このあたりの話については、まずFPGA誕生の歴史から紐解いて解説していきましょう。

Intel対応 FPGAボード
に関するお問い合わせはこちらから

ご質問だけでも結構です!
組み込み製品・システム開発に関してご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00