eVRU

eVRU

概要・特長

eVRU (embedded Vector Rendering Unit)は、2D/3Dグラフィックス用のベクタレンダリングエンジンです。高品質でリアルタイムなレンダリング処理が求められるアプリケーションをターゲットにしており、OpenGL ES、および、CAFEのAPIとして提供されます。

機能

  • ビットマップフォーマット
    ARGB32, RGB32, RGB32A8,
    RGB565, RGB565A8, RGB24, RGB24A8,
    LUM8, ALPHA8

  • ブレンドモード
    Alpha: AS, AD, AS+AD*(1-AS)
    Color: CS, CD, CS+CD*(1-AS), CS*AS+CD*(1-AS)

  • 3D変換機能 (OpenGL ES完全準拠)
    4x4 Transformation / Projection Matrix
    Homogeneous Clipping
    Viewport transformation

  • 2Dレンダリング機能
    Supports sub-pixel accuracy and high quality anti-aliasing
    Blits / Dots / Lines / Triangle / Polygons
    Line joins: Miter, Round, Bevel

  • API
    OpenGL ES 1.1
    CAFE Integration API

  • サポートアーキテクチャ(プラットフォーム)
    TI C64x DSP (DaVinci)
    Analog Blackfin
    EVA-X
    ARM9, ARM11 & ARM Cortex

  • サポートOS
    Windows Mobile
    Linux
    Android
    QNX

製品構成

提供物

  • OS/プロセッサごとにコンパイルされたライブラリ
  • APIのヘッダファイル
  • サンプルプログラムのソースコード
  • ドキュメント

ライセンス形態

お問い合わせください。

関連製品

その他

メーカー製品名概要
TES Electronic SolutionseGMLeGML (embedded Graphics Multiplatform Library)は、組込みデバイス向けのリアルタイムグラフィックスアプリケーションをターゲットに設計されたC++ソフトウェアライブラリです。

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

TES Electronic SolutionsのeVRU
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00