お客様のエッジAI 実装製品の開発に向けた技術コンサルテーションサービス

エッジAI実装コンサルテーション

富士ソフト社製

組み込み機器に最適な「FPGA」を利用したエッジAIの実装

組み込み市場では「クラウドAI」の普及が急激に拡大する一方で、運用コストや処理容量、セキュリティなどの問題から、エッジ(端末側)で単独処理できる「エッジAI」の可能性に期待が高まっています。さらに、AIの推論機能を直接、組み込み機器に実装する方法にはいくつかの選択肢がありますが、組み込み機器特有のニーズや制約に対しては「FPGAを利用したエッジAIの実装」に優位性、有効性があります。当社では、FPGAを利用したAIの実装に向けた技術サポートを、サービスメニューに沿って提供する『エッジAI実装コンサルテーション』 を行っております。


FPGAを利用したエッジAIの実装

富士ソフトの「エッジAI実装コンサルテーション」

AIの導入には大きな費用が発生するため、用途やニーズに合ったAIの設計や、導入前の計画と検証がとても重要になります。さらに、さまざまな選択肢の中から最適なAIの実装方法を選択するには多種多様な専門知識が必要です。
「エッジAI実装コンサルテーション」は、当社のAI技術者とFPGA技術者が、エッジAIの実装における分析・評価用実装から、AIの各種最適化支援まで、お客様のエッジAI開発をお手伝いする技術コンサルテーションサービスです。

エッジAI実装製品の開発の流れ

サービスメニューのご紹介


STEP1 事前レポートの作成・ご提供(無料)
お客様のエッジAIの開発・設計にあたり、当社の技術者がお客様のAIのモデルについてヒアリングをさせていただき、FPGAへのAI実装の可能性や当社の技術陣が考察した内容をレポートさせていただきます。
STEP2 評価・検証用の実装作業を実施(有料)
お客様の開発したAIをFPGAに取り込み、エッジAIの評価が可能なコードの作成をお手伝いいたします。当社のAI技術者とFPGA技術者が試験的なエッジAIを実装する一連の作業をお客様にご提供するもので、結果によっては実装しきれないケースが稀にございますが、多くの場合は、機能評価レベルの実装まで比較的短時間で実現しています。この時点では ”実装すること” に主眼を置いたサービスとなるため、AIの精度や処理速度、FPGAのコードサイズ圧縮などの最適化は考慮していない段階となります。先ずはエッジAI化し、機能評価や機能検証を目的としたレベルのコンサルテーションとなります。ここまでは定額費用内でのコンサルテーションです。
STEP3 エッジAIの最適化をサポート(有料)
精度を高めたい、処理速度を上げたい、コードサイズを圧縮したい・・など、エッジAIの最適化に向けたコンサルテーションメニューをご用意しています。当社のAI技術者とFPGA技術者が連携して、お客様のエッジAIの各種最適化を図り完成度を上げていくお手伝いをいたします。
  1. Intel、インテル、Pentium、Intel Core、Celeronは、米国インテル社の登録商標または商標です。
  2. ARM、CortexはEU およびその他の国での ARM の登録商標および商標です。
  3. インテル、インテル Atom、Xeon、およびインテルのロゴは、米国およびその他の国におけるインテル コーポレーションの商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。
  4. ALTERA、ARRIA、CYCLONE、ENPIRION、MAX、MEGACORE、NIOS、QUARTUS、STRATIXの製品名ならびにロゴは、アルテラ(インテル プログラマブル・ソリューション事業本部) の米国およびその他の国における登録商標です。商標またはサービス・マークとして記載されている製品名ならびにロゴはすべて、Legal Noticeに記載されているとおり、各所有企業に帰属します。
  5. その他、記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

富士ソフトのエッジAI実装コンサルテーション
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00