低コスト、高機能、高柔軟性を実現するオープンソース CPU命令セット

RISC-V特集

ソフトウェア業界でごく一般的になっているオープンソースの概念はプロセッサの分野でも注目されており、その1つがRISC-Vです。海外ではRISC-VをベースとしたCPUはすでに実用化されており、日本でもRISC-Vを利用したエコシステムの構築が進んでいます。

RISC-Vとは

RISC-Vはカリフォルニア大学バークレー校が開発し、オープンソースとして公開された命令セットアーキテクチャ(ISA)です。2015年にRISC-V Foundationが設立され、現在大手チップベンダーをはじめ世界各地から235社が参画しています。
ASIC/SoCのみならず、デバイス選択の自由度が高いためFPGA開発においても注目されています。また、コストパフォーマンスが高く、特定の企業に依存しないため、プロセッサのディスコン対策としても適したツールです。

RISC-Vの特徴

オープンソース CPU命令セット

特定の企業に依存することなく、長期間かつ安定的に使用することが可能です。

低コスト

CPUのコアであるISAが無償のため、それをベースとするCPU開発や商用IPの導入時に、コストは大幅に抑えられます。

高柔軟性

RISC-VをベースとしたオープンソースプロジェクトのCPU IPコアを使うことで、自社CPU構築が可能です。また、ソフトコアとして提供が可能なIPもあり、FPGAの制限がほとんどなく、柔軟性の高いシステム構築が可能です。専用の拡張があり、セキュリティに強いCPU構築が可能です。

低コストで柔軟性の高いCPUコア

高性能自社CPU開発のベースとしてお使いいただけるオープンソースプロジェクトのCPU IPから実績豊富な商用コアまでご紹介します。

アジアで最初のCPU IPベンダーであるAndes Technology社は、2005年の設立以来、革新的な高性能/低消費電力32/64ビットプロセッサに関連するSoCプラットフォームの開発にフォーカスしてきました。ローエンドからハイエンドまでカバーできる、強力なCPU IP製品ラインナップによって世界中の多くの組み込みアプリケーションで採用された実績があり、2018年までに同社CPU IPを採用したSoC出荷の累積記録は35億を超えました。さらには、独自のISAに基づいた高度な機能を持つCPU IPをユーザーへご提供する一方で、同社は世界初のメインストリーム向けCPU IPにRISC-Vを採用したベンダーです。

【AndesCore™ Processors RISC-V Series】 AndesCore™ AX25

AndesCore™ AX25は、RISC-Vテクノロジーを組み込んだAndeStar™ V5アーキテクチャに基づくコンパクトな64bitCPU IPコアであり、4GBを超えるアドレス空間にアクセスする必要がある高性能組み込みアプリケーション向けに最適化されています。

【AndesCore™ Processors RISC-V Series】 AndesCore™ A25

AndesCore™ A25は、RISC-Vテクノロジーを組み込んだAndeStar™ V5アーキテクチャに基づく32bitCPU IPコアであり、少ないゲートカウントで、MHzあたりの高いパフォーマンスと高周波での動作を実現します。

【AndesCore™ Processors RISC-V Series】 AndesCore™ D25F

AndesCore™ DF25Fは、RISC-Vテクノロジーを組み込んだAndeStar™ V5アーキテクチャに基づく32bitCPU IPコアであり、少ないゲートカウントで、MHzあたりの高いパフォーマンスと高周波での動作を実現します。

【AndesCore™ Processors RISC-V Series】 AndesCore™ NX25F

AndesCore™ NX25Fは、RISC-Vテクノロジーを組み込んだAndeStar™ V5アーキテクチャに基づくコンパクトな64bitCPU IPコアであり、4GBを超えるアドレス空間にアクセスする必要がある高性能組み込みアプリケーション向けに最適化されています。

【AndesCore™ Processors RISC-V Series】 AndesCore™ N25F

AndesCore™ N25Fは、RISC-Vテクノロジーを組み込んだAndeStar™ V5アーキテクチャに基づく32bitCPU IPコアであり、少ないゲートカウントで、MHzあたりの高いパフォーマンスと高周波での動作を実現します。

【AndesCore™ Processors RISC-V Series】 AndesCore™ N22

AndesCore™ N22は、低い消費電力と小さい回路規模が必要な組み込みアプリケーション向けのAndeStar™ V5アーキテクチャに基づく32bit、2段パイプラインCPU IPコアです。

【AndesCore™ Processors RISC-V Series】 AndesCore™ AX25MP

AndesCore™ AX25MP 64bitマルチコアCPU IPは、AndeStar™ V5アーキテクチャに基づいています。

【AndesCore™ Processors RISC-V Series】 AndesCore™ A25MP

AndesCore™ A25MP 32bitマルチコアCPU IPは、AndeStar™ V5アーキテクチャに基づいています。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ N15/N15F

N15/N15Fは、Dual-issue Superscalar AndesCore™ プロセッサーで、業界で同レベルの製品の中で最高の5.41 CoreMark/MHzのパフォーマンスを提供します。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ D15/D15F

D15/D15Fは、最初のDual-issue Superscalar AndesCore™ プロセッサーです。両方のプロセッサは、C/C ++で簡単にDSPアルゴリズムをプログラミングするために、130以上のコンパイラフレンドリーな汎用DSPおよびSIMD命令を備えています。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ N7

AndesCore™ N7は小さなコアのファミリーで、タッチスクリーン、ストレージ、モバイルデバイス、センサーのような低消費電力が必要な、またloTデバイスのようなネットワーク接続が必要なコントローラーに対応します。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ D10

D1088は、130のDSP SIMD(単一命令、複数データ)命令が含まれたDSPを備えた5段パイプライン整数プロセッサです。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ S8

IoTデバイスがホームオートメーションおよびウェアラブルアプリケーションへの進出するにつれて、セキュリティの強化が不可欠になっています。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ N8

SoC設計は急増しており、OEMがスマートライト、冷暖房、ワイヤレスドアロック、煙/火/侵入検知などの機能を自動化するのを支援しています。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ N9

AndesCore N9ファミリーは、ワイヤレスネットワーキングとセンサー、マイクロコントローラー、自動車用電子機器、産業用制御システムなど、最適な割り込み応答機能を必要とするアプリケーションを対象としています。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ N13

Andes Technology社のN13プロセッサは、オペレーティングシステム上またはベアメタルとして実行される計算集約型アプリケーション向けに設計された高性能CPUコアです。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ N10

ミッドレンジのAndes Technology社N10プロセッサは、民生用メディアプレーヤーやスマートグラスから、タッチパネル、モーター制御、電源管理に至るまでのアプリケーションに最適です。

【AndesCore™ Processors V3 Series】 AndesCore™ E8

Andes Technology社の新しいE8 CPUプロセッサコアは、ユニークなAndes Custom Extension™(ACE)により、パワー効率が高くコンパクトな組み込み向けコントローラーです。

Bluespec社は、2015年のRISC-V Foundation創設メンバーのひとつであり、RISC-VプロセッサのIPコアの開発だけでなく、RISC-Vプロセッサを含むシステムを開発するためのツールを提供しています。Bluespec社の製品であるRISC-V Factoryは、オープンソースであるRISC-Vプロセッサを用いる場合に必要な検証機能を提供し、システム開発にかかるコストとリスクを大幅に軽減することができます。

RISC-V関連セキュリティソリューション

RISC-V関連の様々なSWとHWのセキュリティソリューションをご紹介します。

Rambus Inc.は、1995年から高速メモリー技術、高速バスインターフェース技術を多くの半導体、システムベンダーに提供して参りました。また2011年には、セキュリティー業界で有名なCryptography Research社を買収する事により、組み込みセキュリティ技術の提供を開始し、現在ではデータセンターからモバイルエッジに渡る市場の幅広いセキュリティー要件に応える、高性能かつ高品質のセキュリティソリューションと共に、高速バスインターフェースIPを提供する会社です。

Veridify Security Inc.は高速で超低消費電力かつコンパクトな公開鍵を用いたセキュリティツールをご提供しており、処理リソースが貧弱なIoTエッジデバイスに最適です。また、量子コンピュータ耐性を持ち、将来を見据えたソリューションとなっております。

関連記事

お問い合わせはこちらから

組み込み製品・システム開発関連はもちろん、価格などについてもご相談があれば、
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合、お電話でのお問い合わせも承っております。
TEL:050-3000-2102(エンベデッドソリューション推進部)までご連絡ください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00

お探しの組み込み製品はキーワードで検索!