APX-3664

APX-3664

概要・特長

CoaXPress規格のSingle/Dualカメラを2台、またはQuadカメラを1台接続可能な画像入力ボード。同軸ケーブルを合計4本接続するQuad規格では、従来のCameraLink Full規格の4倍となる25Gbps(6.25Gbit/s x 4)の超高速伝送を実現する。カメラの高速化に合わせてPCI Express部はPCI Express 2.0(Gen2)5.0Gbps×8 インターフェースを装備、Quadカメラのフレームレートを落とすことなくPCメモリへ高速な画像伝送を可能にしている。オンボードメモリは画像伝送FIFOメモリや画像処理用Workメモリとして使用できるDDR3 SO-DIMMを装着している。


  • CXP Quadに対応カメラからの画像を. 同軸ケーブル4本で最大25Gbit/sの高速画像伝送
  • 小型同軸ケーブル1本でビデオ、制御、電源を転送
  • フロントパネルのLEDでカメラの状態確認
  • 画像伝送用としてDDR3メモリを2GB搭載
  • エンコーダ信号入力(RS-422)による画像入力制御
  • 画像入力制御/エンコーダ開始用外部トリガ(TTL/オープンコレクタ)を装備.外部信号同期で画像入力開始
  • 外部機器I/F用に汎用入出力ピン(TTLまたはオープンコレクタ)を装備
  • システムバスはPCI Express 2.0x8(Gen2) 5.0GT/S,DMAでPCへ3.2GByte/sec(平均)のハイパフォーマンスで転送 ※1
  • RoHS対応製品

※1:1GByte=1,073,741,248Byte(1024x1024x1024)

ブロック図

仕様

型名APX-3664
画像入力I/FCoaXPress
Rev1.1
CXP-6Quad(25Gbit/s)x1 ※1カメラ接続
CXP-6Dual(12.5Gbit/s)x2 ※1〜2カメラ接続※非同期可
CXP-6 Single(6.25Gbit/s)x2 ※1〜2カメラ接続※非同期可
DIN 1.0/2.3 4個搭載(9mm間隔で配置)
画像入力データ8,10,12bit モノクロ/RGB
カメラ電源出力Power Over CoaXPress:+24V(13W)x4
※ボード内部で+24V電圧生成
オンボードメモリDDR3 SO-DIMM
2GB
エンコーダRS-422(ラインドライバ)
A相、B相、Z相 1MHz(MAX)
32bitカウンタと32bit/16bit比較レジスタ、各1組搭載
(比較レジスタ一致で画像入力トリガ)
汎用I/OSDRコネクタ
汎用入力:8ch(TTL/オープンコレクタ, 露光制御・同期入力兼用)
汎用出力:4ch(TTL/オープンコレクタ, ストロボ・ユーザ出力兼用)
RS-422入力:4ch (シャフトエンコーダ入力用3ch兼用)
割り込み画像入力開始、DMA終了、GPIN 等
FPGA温度監視有り
システムバスPCI-Express2.0 ×8レーン(Gen2) 5.0GT/S
電源+12V±8% (外部+12Vコネクタ有り)
使用環境温度:0℃~50℃、湿度: 30~85% (無結露)
外形寸法190.00mm×111.15mm、パネル幅20mm
対応OSWindows
ソフトウェア(オプション)開発キット:SDK-TransFlyer / SDK-AcapLib2

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

AVAL DATAのAPX-3664
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00