AOC-162

AOC-162

概要・特長

マシンビジョン分野の標準インターフェース「CameraLink」の弱点だった、伝送距離の制限やノイズの影響を受ける環境での使用の難しさを解消。AOC-162はCameraLinkインターフェースから光伝送路に切り替える光変換ユニット製品です。1chあたり6.25Gbps。2ch搭載しBase Configurationカメラなら2台。Full Configurationカメラ1台まで対応しています。


  • 通信速度は1chあたり6.25Gbps
  • チャネル数は2ch搭載
  • チャネルは1chずつ独立して動作
  • 光モジュールはSFP+を使用し汎用性のあるケーブル(LCケーブル)で接続可能
  • カメラリンクインターフェースはSDRコネクタを2個で構成
  • 本製品からのPoCL対応

ブロック図

仕様

型名AOC-162
カメラリンクI/F Base Configuration 2ch
Medium Configuration 1ch
Full Configuration 1ch
SDR26ピンコネクタ 2個搭載
エリア、ラインカメラ対応
PoCL対応
光I/F チャネル数2ch
伝送速度6.25Gbps
伝送モードMultiMode
レーザー形式850nm VCSEL
最大ノード間距離150m ケーブル仕様により最大距離は変わります。
レーザー安全規格Class 1
コネクタ形状LCコネクタ
ケーブル仕様コア径50μm /62.5μm、クラッド径125μm
通信プロトコルOpt-C:Link オリジナルプロトコル
消費電流0.8A(突入・リップル電流を除く)
使用環境温度:0℃~50℃、湿度:35~85% (無結露)
外形寸法(W×D×H)61mm×95mm×28mm
環境対応RoHS対応

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

AVAL DATAのAOC-162
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00