ABL-005WIR

ABL-005WIR

概要・特長

ABL-005WIRは、近赤外領域(900nm ~ 2550nm, ピーク2300nm)に感度を持つ512画素InGaAsラインセンサを使用したカメラです。長波長側の感度を向上させ幅広い帯域を持つ製品となります。


  • 検出波長帯900nm~2550nm
  • 512画素、ピクセルサイズ25ミクロンのInGaAsラインセンサ
  • ラインレート13.8KHz, 露光時間10μs〜1ms
  • 外部トリガ信号による任意での露光制御
  • 映像出力ビットを8/10/12ビット出力から切り替え可能
  • GigE Visionインターフェース製品
  • 画素欠陥補正機能搭載
  • 内部冷却機能
  • シェーディング補正機能
  • ルックアップテーブル機能

ブロック図

仕様

型番ABL-005WIR-GE
インターフェースGigabit Ethernet (1000BASE-T)
撮像素子有効画素数:512、画素サイズ: 25μm×25μm InGaAsラインセンサ
2段電子冷却
検出波長帯900nm~2550nm
ピクセルクロック周期5MHz
ラインレート/露光時間13.8KHz(MAX)/露光時間10μs~1ms
変換効率標準感度モード:160nV/e-
映像S/N比50dB
Gain0dB〜+12dB
黒レベル0LSB〜127LSB 可変(10bit時)
主要機能ステータスLED、内部冷却機構、各種補正(DSNU,PRNU,画像欠陥,
シェーディング)、フィールドアップグレード機能
映像出力8/10/12ビット
電源入力電圧範囲:DC+12V±1V 消費電力:9W
レンズマウントC マウント1インチ
動作温度/湿度-5℃ ~ +40℃/ 20 ~ 80% (ただし結露無き事)
保存温度/湿度-20℃ ~ +70℃/ 20 ~ 80% (ただし結露無き事)
ペルチェ設定温度-30℃ ~ +35℃/ 20 ~ 80% (ただし動作温度範囲内で使用する事)
外形寸法72mm×58mm×115mm (マウント部及び突起物含まず。)
重量725g
規格RoHS、CE(予定)
カメラ更新機能SDK-TransFlyer TConfigurator
ケーブル(映像出力)※1CAT5E、CAT6対応LAN ケーブル
ソフトウェア開発キット撮影/通信用:SDK-TransFlyer (型名: AZP-ACAPTF-01)、GigE Vision®、
GenICam©、GenICamTM GenTL 準拠

※ 1:オプション

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

AVAL DATAのABL-005WIR
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00