APX-3324A

APX-3324A

概要・特長

APX-3324Aは、SDRコネクタを採用したCameraLink画像入力ボード。CameraLinkのBase Configurationカメラを最大で4台まで接続することができます。オンボードに512MBのメモリを持ち、画像バッファや画像処理ワークメモリに使用します。外部トリガ、エンコーダ等の外部I/Oインターフェース回路を搭載しています。


  • PCI-Express2.0×4(5.0GT/s)に対応したPCI Express規格ボード
  • 1スロットでCameraLink Base Configurationカメラを4台を接続
  • 同期/非同期取り込みが可能
  • オンボード上に512Mバイトの大容量バッファ搭載

仕様

型名APX-3324A
画像入力I/FCameraLink Base Configuration 4ch
SDR26ピンコネクタ 4個搭載
エリア、ラインカメラ対応
サンプリングクロック 85MHz
画像データ RGBカラー:24bit
      モノクロ:8bit(1~3tap)/10~12bit(1~2tap)
PoCL 対応(SafePowerは準拠せず)
MEGA-FIFODDR2-SDRAM 512MB
画像処理Tap並び替え+ライン反転
同期出力カメラ制御信号:CC1~CC4
汎用出力:8ch、ストロボ:4ch(TTL/オープンコレクタ)
同期入力外部トリガ:TTL/ オープンコレクタ/差動信号RS-422
エンコーダ:差動信号RS-422(ラインドライバ)、A/B/Z相、1MHz(MAX)
汎用入力:4ch(フォトカプラ)
割り込み画像入力開始、DMA終了、GPIN 等
システムバスPCI Express2.0×4(5.0GT/s)
消費電流+12V
使用環境動作温度:0℃~50℃、湿度: 35~85% (無結露)
外形寸法167.65mm x 111.15mm、パネル幅20mm(突起物含まず)
対応OSWindowsXP/7/10
ソフトウェア(オプション)開発キット:SDK-AcapLib2
環境対応RoHS

富士ソフトの製品サポートに関して

組み込み開発の現場経験が豊富な富士ソフトだから、購入前はもちろん、購入後でも安心していただけるサポート体制をご用意しております。

富士ソフトの製品サポート

組み込み開発の各領域のエキスパートが、
しっかりサポート致します。

詳しくはこちら

AVAL DATAのAPX-3324A
に関するお問い合わせはこちらから

製品詳細や価格などコンシェルジュにご相談できます!
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの方はこちらから

0120-593-111平日9:00〜17:00